日本経済にとって円高・円安のどっちがいい?納得の結論は○○

この記事は約5分で読めます。

 日本経済にとって円高と円安どっちがいい? という議論は、わりと奥が深いです。
 先日、反緊縮勢を対象としたアンケートがTwitterで行われました。
 その結果、ほぼ半々で円高・円安への支持が均衡しました。

 反緊縮勢の間でも、円安と円高のどっちがいいかは割れるようです。

 そこで、今回の記事では「円安と円高のどっちが日本経済にいいの?」という問いへの結論を出します。

 円安と円高どっちがいいのか? いろいろ考えると、結論は「円安」でした。
 なぜそうなるのかも含めて解説します。

スポンサーリンク

円高と円安とは?

 最初に、円高と円安について復習しておきましょう。

円高とは?

 円高とは、ほかの通貨に対して円の価値が相対的に高まることです。

 たとえば、いままでは1ドルは100円でした。これは、換言すれば「1ドルを両替するのに100円必要」といった意味です。
 ところが、為替が動いて1ドルが50円になりました。

 ドル側から見ると「1ドルの価値が100円から50円に落ちた(安くなった)」と捉えられます。
 一方、円側から見ると「いままで100円していた1ドルが、50円になった。1円の価値が上がった(高くなった)」と解釈可能です。

 より少ない円で1ドルに両替できるようになることを「円高」と呼びます。

円安とは?

 円安は円高の逆です。
 1ドルが100円だったのが、1ドル150円になると円安です。

 1ドルに対して、円の価値が落ちた(安くなった)と捉えられます。

 1ドルを両替するのに必要な円が多くなることを「円安」と呼びます。

 「1ドル/100円」「1ドル/150円」のように、円を分母にして値が大きくなれば円高、小さくなれば円安と考えるとイメージしやすいでしょう。

円高と円安それぞれのメリット・デメリット

 円高と円安それぞれのメリット・デメリットを整理しましょう。

円高のメリット・デメリット

 円高のメリットは輸入品が安くなることです。
 たとえば、日本が必須としている資源も安く輸入できます。

 海外旅行に出かけるのも円高の方が有利です。
 1ドル100円なら10ドルのランチに1000円必要ですが、1ドル50円なら500円ですみます。

 一方、円高のデメリットは輸出です。
 国内で1万円の商品は、円高で1ドル50円だと200ドルになります。
 輸出品の価格が上がることで競争力がそがれ、輸出にとって悪影響です。

円安のメリット・デメリット

 円安のメリットは輸出と株式への影響です。

 国内で1万円の商品は、円安で1ドル200円だと50ドルになります。
 輸出価格が低く抑えられるので、輸出品の競争力が高くなり好影響です。

 また、株式にも好影響があると考えられています。
 ただし、株式は金利などにも影響されるため、円安=値上がりというほど単純ではありません。

 円安のデメリットは輸入品の価格上昇です。
 資源や穀物など日本にとって必須の輸入品の価格も上がるため、国内物価は押し上げられます。

日本経済にとって円高と円安のどっちがいい?

 日本経済にとって円高と円安のどっちがいいのでしょうか?
 結論は「円安」です。

 その理由をいくつかの理由から筋道立てて解説します。

内需立国

内閣府より

 日本の輸出依存度は1980年代でも10~15%、2000年代に入ってからも20%未満です。
 意外なことに、日本は輸出立国ではなく内需で成り立っています。

 そのため、輸出に有利な円安ではなく、資源や輸入品が安くなる円高の方が望ましいとする議論も。
 消費者の観点から見れば、確かに円高が有利です。

 では、円高が日本経済にとっていいのでしょうか?

輸入品との価格競争

 円高によって輸入品が安くなると、国内製品は輸入品と価格競争しなければなりません。
 100均に並んでいる中国製品を見れば、安い輸入品の脅威が理解できます。
 これらの製品と国内産業が競争する必要があります。

 企業は安い輸入品と価格競争するためにコストカットに走り、人件費や投資を減らすでしょう。
 とすると、円高はデフレ要因です。

 逆に、円安だと輸入品が高くなり、為替が非関税障壁として機能します。
 国内製品は価格競争に巻き込まれないため、しっかりと利益を上げられます。
 国内への投資も円高より円安の方がはかどるでしょう。

円安による雇用への影響

 円安は一般的に、雇用に対して好影響があるとされています。
 好影響を与える理由は2つです。

  1. 輸出に対して円安は有利に働き、輸出企業の利潤を押し上げる
  2. 円安で輸入品が高くなり、価格競争で国内企業が有利になる

 まず、円高で輸入企業が有利になっても、需要のパイは日本国内までです。
 しかし、円安で輸出企業が有利になれば、需要のパイは世界となります。

 したがって、輸出有利の方が国内産業に雇用が生まれるでしょう。

 くわえて、円安では輸入品が高くなり、為替による非関税障壁が働きます。
 国内企業は価格競争でも有利に立ちます。
 そのため、人件費の向上や雇用への好影響が見込まれるでしょう。

 このように、円安は国内雇用に対してプラスの影響をもたらします。

結論「円安の方が日本経済にプラスに働く」

 円高と円安どっちがいいか?
 結論は、日本経済にとって円安の方がいい! です。

 消費者にとって円高はプラス要因ですが、消費者は労働者でもあります。
 雇用にとって円高はマイナス要因であり、円安はプラス要因です。
 くわえて、円高はデフレ要因ともなります。

 もちろん、極端な円安や円高は望ましくありません。
 安定した為替が求められます。
 その上で、円高と円安のどっちがいいか? と問われれば、円安が結論です。

まとめ

 円高と円安どっちがいいか? 日本経済にとってどっちがプラスなのか?
 今回の記事では「円安の方がプラスに働く」と結論づけました。

 もちろん、為替は小幅安定していることが望ましいです。
 強いてどちらがいいか? と論じれば、円安の方がメリットが大きいでしょう。

 現在、円安が進行しています。
 この円安は、日本経済にとって決して悪い話ではありません。

Subscribe
更新通知を受け取る »

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民
0
Would love your thoughts, please comment.x