新企画?!特定キーワードの記事を募集

「財政出動 ○○」というキーワードで記事を書いてみよう

進撃の庶民でまだ、記事を書いたことがない方も気軽にチャレンジ!
初めての寄稿の場合、連絡・問い合わせフォームからまずは連絡ください。

経済

借金の返し方|一般人・闇金・銀行・国債

「借金」、イヤな言葉ですね。多額の借金を想像すると、何だか肩の辺りが重くなります。早く返して借金ゼロの自由の身になりたい、万一破産したら最悪だ!そんな気持ちになります。とはいえ、同じ「借金」でもその主体が誰かによって、その返し方も意味合いも異なります。今回は一般人の「借金」、闇金の「借金」、銀行の「借...
政治・時事

将来の税収を増やすために将来の税収を0にしよう!~「税収を増やす」のと「税収を増やし続ける事」2~

 前回、税収を増やし続けるには財政出動を増やし続ける必要があると述べました。 今回はそれを別の視点で見ていきたいと思います。『私達が使う通貨』 税収を増やし続けるには財政出動を増やし続ける、という結論に向かう前に「私達が使う通貨」が増え続けないといけないと書きました。 では私達が使う通貨とは何でしょう...
経済

副業のデメリットにフォーカス!世間の副業推進は本当に正しい?

 2019年に働き方改革が施行され、副業が解禁されました。 マスコミや政府は副業を強力に後押ししています。 ニュースや報道では、副業に関するメリットばかりが報じられ、まるで副業をしていないことが時代遅れのように書かれます。 メリットばかりが書き立てられる副業の、デメリットについてフォーカスしてみました...
政治・時事

理論の支柱が崩壊しつつある増税緊縮派

TVや新聞で定期的に“日本の国債残高○兆円を突破、国民一人当たりの借金額は○万円に!”というニュースが報じられるたびに、増税緊縮派の連中が元気よく、『国債=国民の借金=ムダな財政支出は次世代へのツケ廻し』という妄想を撒き散らす光景をこれまで何度も目にしてきました。最近では、この手のネットニュースに対して、...
政治・時事

「税収を増やす」のと「税収を増やし続ける事」1

 前回、通貨と税についていろいろ書きましたが、そんなに税が大事なら返済を増やすために、税を強化する増税はしょうがないのでしょうか?『税収を増やすぞ!』 さて財政再建を! 税収を増やすぞ! などなど色々叫ばれています。 税収を増やすと聞いてまっさきに浮かぶのは増税です。 増税して通貨を回収する量を増やせ...
政治・時事

なぜうつ病は増加したのか?うつ病の推移から社会を読み解く

 1996年のうつ病患者は43万人でしたが、2017年には127万人にまで増加しました。 わずか20年で、3倍にまでうつ病患者が増加したのです。 潜在的なうつ病は8人に1人との統計や、潜在的なうつ病患者は数百万人に上るとの説も。 ストレスフルな現代社会にとって、うつ病は蔓延する疫病です。 今回...
経済

「税金のムダ遣い!」の間違い|政府の財源は国庫金

「我々の血税がドブに捨てられた!」「税金のムダ遣い!」「税金泥棒!」 「税金を投入」「税金で補償」よく聞く言葉です。先般の知床遊覧船事故、傷ましい限りですが、沈没した船の引揚げを巡る報道やコメントにおいても、その様な表現が見られました。このような表現・言葉の裏には、4つの間違った考えがあります...
政治・時事

インフレと闘うには、家計所得を劇的にUPさせるしかない

私たちが日ごろ買い物する場所、たとえばスーパーやホームセンター、ドラッグストア、ネットショップ、ガソリンスタンド、ファストフード店、コンビニ等々、どこを見渡してもモノやサービスの値段が上がっていますよね。おまけにレジで精算する段になって、そこへ消費税がオンされますから、財布からお金が出ていくスピード感だけが加速する感...
政治・時事

為替相場の変動要因~円安とリフレーション政策

コロナパンデミック、ウクライナ情勢による輸入コスト上昇に拍車をかける円相場の下落、その要因について考察します。
政治・時事

お金は政府が保証している? 2 ~お金と税~

 さて前回、政府が保証しきれてない通貨を発行し続けたらハイパーインフレになると述べました。 ハイパーなインフレになんてなったら、お金が紙くず金属くず同様になり困ってしまいます。 ではハイパーインフレにさせないためには何をしたら良いでしょう。 二つほど思い付きを紹介します。『一つ目の方法』 保証のない不...
経済

日本のコストプッシュインフレの原因と対策をわかりやすく解説

世界的にコストプッシュインフレだと騒がれています。それに伴い、日本もコストプッシュインフレだと報じる記事やニュースも。しかし、本当に日本はコストプッシュインフレなのでしょうか?数字から日本の現状について解説します。くわえて、コストプッシュインフレの仕組みや原因、対策についてもお伝えします。
政治・時事

親ロシアと反ワクチンは唾棄すべき陰謀論か

新聞などの報道を見ていると、「親ロシア・反ワクチンの人は、政府やマスメディアを信用せず、フェイクにだまされ、自己に酔って陰謀論を撒き散らしている」という印象を受けます。しかし、このような論評は、ロシアの事情を考えること、ワクチン接種に疑問を持つこと自体を忌避させるものになっていないでしょうか。反ワクチ...
現代貨幣理論(MMT)

アメリカで発生した逆イールドが金融不安定性を高め景気後退に突入か

アメリカ連邦政府が発行している国債の2年物利回りが10年物利回りを上回り、いわゆる逆イールドが発生しました。 逆イールドは景気後退の予兆であり、金融不安定性の高まりの原因だとするならば、FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)は逆イールドを解消するべきです。
2022.04.29 08:12
政治・時事

お金は政府が保証している? 1 ~震災と納豆もしくはマスク~

 私達は普段当然の如くお金を使って、物を買ったり売ったりしています。 でも、そんなお金ですがなぜ当たり前のように使えるのでしょう? お金が使えるように誰が保証しているんだろう?、と考えたらまっさきに頭に浮かぶのは政府です。 硬貨や紙幣は政府(日銀含む)が発行しているんですから。 政府がきちんと統治をして治めてたり、政...
政治・時事

普通の家計が”カネの使い道に困る”くらいの豊かな社会を目指そう

原油やガスなどのエネルギー価格高騰、為替安やロシア問題による輸入物価高、食料品や日用品で相次ぐ値上げetc…、家計はますます火の車状態になる、と言いますか、もはや火の車を通り越して“業火の車”と言うべき惨状です。税と社会保障費負担を足した国民負担率は、2002年/35.0%→2021年/48.0%へ1.37倍...