緊急提言!新型コロナウイルス撃退の「国民春休み」構想の実現を!『政府は緊急事態を宣言し今後一ヶ月間を臨時祝日に指定せよ!』

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「新型コロナウイルスのパンデミックを招いた安倍政権に何を言っても無駄だと思いますが、敢えて救国の緊急提言を行います。皆さん要拡散です!」

スポンサーリンク

『支那事変から終戦の詔勅迄』

  消費税を倍増し日本を米国だけでなくチャイナの属国に陥れた反日国賊売国奴の安倍晋三の、憲政史上最長の政権が続く日本ですが、最近の安倍政権の体たらくを見ていると、敗戦直前の日本政府のデジャブの様に感じられます。丁度、1937年に支那事変が勃発し1945年に敗戦となる迄の長さが、安倍総理の在任期間と同じなのが不気味です。日本が大東亜戦争でボコボコにされたのが、敗戦の直前のほぼ1年だった事を思い出しましょう。 

『新型コロナウイルス基礎知識』

  新型コロナウイルスのマズいのは、感染しても自覚症状が無いので、ウイルスを拡散するスプレッダーが存在する点です。しかも自覚症状が無いままの患者も多数いるという事なので、これらの様々なタイプの多数の感染者を封じ込めれば、国家レベルの集団感染は防げる可能性大です。要するに今後3週間から4週間、日本国民が家で大人しくして、外国からの入国をさせなければ問題は解決するでしょう。 

『ネオリベ安倍政権の自己責任論で潰される日本国民』

  安倍総理は、武漢肺炎の件でイベント中止などを『要請』しましたが、これがクセ者です。強制力が無い要請を受け入れて、各種イベントを中止したら自己責任で、中止せず開催を強行して武漢肺炎を拡散させても自己責任で、行くも地獄、戻るも地獄が待っています。要するに、安倍政権は、新自由主義の思想に基づく自己責任論で、政府の責任回避を図っているのです。 

『要するにカネの問題』

  新型コロナウイルスの検査が進まないのも、政府がカネをケチっている訳ですし、チャイニーズの入国を禁止しないのも、インバウンド頼みの経済政策でカネをケチっているだけですし、武漢肺炎のパンデミックで日本人が死んだり、世界の笑い者になっているのも要するに政府がカネをケチっているカネの問題です。 

『政府は国家非常事態宣言を行い被害金額を全て支出せよ!』

  現在の状況は、武漢肺炎が爆発的に増える一歩手前の国家非常事態なのですから、戦争や震災と同じ状況です。これは政府が責任つまりカネを払って解決すべき問題です。食料品や生活必需品の生産流通販売を除いて、全て祝日扱いとして休みにし、但し、非正規雇用を含めて、全日有給休暇扱いにすれば良いのです。費用は政府が払えば良く、コンサートなどのイベントも原則中止しますが、中止費用も政府が支払えば済む話しです。 

『国民春休みで鋭気を養え!』

  新型コロナウイルスの蔓延を防ぐ最後の手立ては、これから、国民の春休み、つまり「国民春休み」に指定し、全日祝日とし、国民がしっかり休んで鋭気を養うことです。昨年の天皇陛下の即位記念で十連休を実現したのですから、簡単な話しです。 

『非常時だから財源は国債の日銀直接引き受けで良い』

  問題は休みの間の国民経済、要するにカネの話しですが、これに関する財源は国債を日銀に直接引き受けさせれば良いのです。たった30兆円から40兆円程、日本政府の持つ日銀当座預金の残高の数字を増やせば済む話しです。昨年の消費税増税で経済はマイナス6.3%も減っているのですから何の問題もナシです。 

『放置すれば本当の地獄が、これから始まる!』

  大東亜戦争をサヨクは15年戦争などと歴史を捏造しますが、実際に国民が地獄を見たのは、最後の1年です。消費税増税や武漢肺炎の蔓延で、国民経済が地獄を見る本番は、これから始まります。安倍政権は、米中属国の緊縮グローバリズムを失敗と認め、国民春休みを実施し新型コロナウイルスを駆逐し、積極財政で、この国難を乗り切る責任があります。我々庶民は自ら地獄に落ちない様に政府に対し声を上げるのが真の自己責任です!

『追記:今が爆発的ウイルス流行の瀬戸際です!』

 元々この記事を書いたのは、2月の後半、安倍総理が学校の休校を突如言い出す直前でしたが、この一ヶ月間に起きたのは、行政が自粛を要請するが、損害を政府は負担しないという徹底的な自己責任のネオリベ的な、防疫対策でした。結果、ウイルスの封じ込めは中途半端なものとなり、国民の努力により何とか、爆発的流行を抑えていますが、今後、イタリアやスペインの様な悲劇が日本を襲う懸念も拭えません。政府の支出能力は無限なのですから、しっかり財政出動すれば、国民も安心にして自粛し、ウイルス封じ込めも可能でしょうが、緊縮の権化である安倍政権には難しそうです。先ずは、我々庶民、一人一人が細心の注意を払い、自らウイルスに負けずに頑張りましょう。

「Amazonレビュー『井上智洋と池戸万作は島倉原を見習うべき』を投稿しています。役に立ったを押して頂ければ励みになります」

本エントリーは、緊急提言!新型コロナウイルス撃退の「国民春休み」構想の実現を!の転載です。

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民