みぬさ よりかず

政治・時事

池戸万作のベーシックインカムと無税国家論はナゼ有害なのか?

私がネット上で度々注意している池戸万作さんですが、全く反省が見られず非常に問題です。池戸氏はnoteで「日本の「無税国家」化は既に可能である」という間違った投稿をしているので、厳しく糾し猛省を促します。note「日本の「無税国家」化は既に可能である」池戸万作『用語の定義は、基礎の基礎』...
政治・時事

にゅんMMTと万作MMTへのワクチン!『偽装MMTや通訳MMTのデタラメ講釈に騙されず自らMMTを学ぼう!』

「いつも図表を使わせて貰っているシェイブテイルさんのMMT解説本第二段の電子書籍が昨年末に発売になりました。当時のAmazonレビューを転載します!」『MMTワクチンが必要な季節』 令和元年も師走となりましたが、早くもインフルエンザが大流行の兆しです。同じく今年の大流行したMMT(現代貨幣理論...
政治・時事

井上智洋デマと嘘のMMT

 井上智洋さんのMMT本を読ませて頂いたのですが、ベーシックインカム礼讃論者の擬似MMT本でした。私が怒り心頭に発したのは、ネットで偉そうにMMT講釈を垂れ流すMMTオタクの連中が、本著に協力したのとの事で、呆れ返りました。正直「恥を知れ!」と言いたいですね?残念ですが、このような間違った知識を広める『デマと嘘のMMT』に対しては徹底批判あるのみです。
政治・時事

BIカルト池戸万作は小ちゃな上念司である

コロナ禍に便乗し究極のネオリベ政策にして、財政政策のガン細胞!あるいは積極財政の大麻である、ベーシックインカムが勢いを増しています。国家をバラバラの個人に解体する究極の構造改革にして社会革命を目指すBIを、保守派が支持するなど有り得ないのですが、何度でも騙される「お人好し」が庶民に多いのも残念な事実です。ベーシックイ...
政治・時事

給付金ベーシックインカムBIは、ナゼこの世の地獄なのか?

給付金ベーシックインカムは、財政政策の大麻である 仮にですが、抗癌剤や風邪薬と同じく、同じクスリなのだから、大麻を合法化しろ!と語る人がいたら皆さんどう思うでしょうか?私は、同じ財政政策でも、減税や政府支出の拡大と、給付金やベーシックインカム(BI)は、全く違うと考えています。例えば、末期癌患者にモル...
政治・時事

偽装MMT池戸万作の暴走と妄想

 自称山本太郎のブレーンで、故宍戸駿太郎先生に薫陶を受けた池戸万作さんは、私と同じ消費税廃止論者ですが、無税国家や、給付金や、ベーシックインカムを語る「困ったさん」でもあります。令和初の政治経済評論家として大いに期待している人物だけに、将来を期して、本エントリーでは、敢えて苦言を呈します。言論人は、人...
政治・時事

藤井聡さんへ最後通牒!コロナに関してはマジで黙っといてくださいね?『コロナ軽視論は財政破綻論の変異株です』

「コロナに関しては、もはや逆神と化した藤井聡さんですがプラグマティズムの作法を知っていれば、こんな間違いは繰り返さないと思うのですが?」『これ以上、放置できない!』 藤井聡さんの言論活動を長年に渡って支持してきた私にとっては断腸の思いですが、コロナに関して暴走と妄想を続ける藤井聡さんを放置する...
政治・時事

東京五輪阻止こそ皇統を尊ぶ日本民族の天皇陛下への忠義である

『自粛という言葉こそ自粛せよ』 SARS-CoV-2感染症が世に出てから1年半以上が経過しましたが、皆様は、いかがお過ごしですか?私の過去のコロナ禍エントリーを振り返っても特に訂正する事はありません。プラグマティズムの作法に基づき事実を丹念に追えば、大抵の事は間違わないのです。ただ今からすると...
政治・時事

藤井聡に従属する表現者クライテリオン編集委員はジャイアンに怯えるスネ夫の集団である

 コロナ禍も一年以上経つと、この新型サーズへの最善の処方箋は『封じ込め戦略』であった事は、真っ当な知性を持つ庶民の皆様には明々白々だと存じます。現実をしっかり見据える『常識』さえ持ち合わせれば(=私の考える保守思想)世の中を大きく見間違う事はないのです。もちろん、コロナ封じ込めに成功した国は僅かなのは、私も承知してい...
政治・時事

コロナ軽視に反省ナシ!表現者クライテリオンは自らを支配する空気を換気できるのか?

本エントリーは令和2年6月に投稿した記事の再掲なのですが、表現者クライテリオンの危機と対峙しない言論は当時から1ミリも変化がありません。コロナ死が過去最多となった日本ですが、関係者に猛省を促すと同時に、常識を失った言論がいかに危険か備忘録として皆様にお届けします。『危機と対峙せず経路依存により...
政治・時事

小林よしのりコロナ論が間違った理由「SARS-CoV-2は風邪に非ず!間違いは正すのが言論の作法」

「SARS-CoV-2感染症で多くの保守系言論人が間違いを犯していますが原因はコロナを風邪と勘違いしたからですが小林よしのり氏も同じです」本エントリーは令和2年6月の投稿記事ですが、再掲する事で、コロナ・デマを流し続ける言論人に警鐘を鳴らしたいと存じます。『SARS-CoV-2感染症を風邪と間違えたの...
政治・時事

小浜逸郎コロナ・デマの大罪!『小浜逸郎のコロナ論を見れば新自由主義というウイルスが如何に強力な疫病か解る』

三橋メルマガの小浜逸郎さんのコラムが余りに酷いので苦言を呈したいと思いますが感染再拡大を招く原因は、この手の風説の流布が背景でしょう。本エントリーは、令和2年7月のコラムの転載ですが、基本的な事柄は当時と同じですので、記事を転載し、小浜氏に猛省を促します。『小浜逸郎のコロナ論はナゼ放置してはならないの...
政治・時事

東洋経済の新型コロナ新型デマ記事はナゼ有害なのか徹底解説

日本のコロナ死者数が欧米に比べて少ない事で次から次に出てくる「コロナ恐るに足らず!」論ですが、合理的に考えて間違っているのは一目瞭然です。プラグマティックに論考すれば瞬時に分かる話ですが、一々説明するもの面倒なので、東洋経済オンラインの記事を事例に、まとめて徹底解説します。東洋経済オンライン(2020...
政治・時事

コロナ風邪論という大罪!またはネオリベ保守発症の疑義!新型コロナはインフルエンザと同じとのデマを止めよ!

 最新の研究で致死率がインフルエンザの百倍!である事が分かった新型コロナことSARS-CoV-2感染症を、インフルエンザと同じ!とデマを垂れ流す輩が、後を絶たない自称保守界隈の腐り切った言論状況ですが、コロナの感染防止には換気が重要と藤井聡先生も仰っているので、ここは、この淀んだ言論界の空気を入れ換えるべく、この腐っ...
政治・時事

緊急再掲!大西つねき氏の貨幣論は、なぜ間違いだらけなのか?『負債が悪いのではない貨幣が負債なのだ』

「重度障碍者二名の国会議員を抱える「れいわ新選組」ですが、同党の候補者だった大西つねき氏の「命の選別」発言が大きな波紋を広げています。命の選別という言葉の裏には、緊縮財政や、新自由主義=ネオリベラリズムが深く結びついています。大西さんの差別発言の根底には、究極のネオリベ政策であるベーシックインカムを推奨するのなどの間...