桜を見る会の歴史を振り返り、安倍内閣の後援会問題とモラルハザードを解説

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 毎年春に開かれる桜を見る会が、にわかに問題になっています。問題の根本は非常に簡単で、2010年までは毎年8000~1万人前後の招待客だったのですが、安倍内閣になってから18200人と激増しています。

 支出額も激増しており、招待客には安倍総理や自民党議員の後援会までいたとのこと。このことが「買収では? 税金の私物化では?」と指摘されています。

 様々な視点から桜を見る会を解説し、問題にフォーカスしていきます。

スポンサーリンク

桜を見る会の歴史と意義の変遷とは

 桜を見る会の前身は、1881年に始まった観桜会です。観桜会は諸外国との交流を目的とした、皇室主催の会でした。アインシュタインやヘレン・ケラーも、招かれたことがあるそうです。
 1938年に国際情勢の悪化により中止、1952年に内閣主催の桜を見る会として、吉田茂総理のもとで復活しました。

 現在の目的は安倍総理によれば「功労のあった人を慰労する」ことだそうです。
 どうも安倍内閣の7年間で、功労のあった人が”激増している”ご様子。当然ながら、これは皮肉っていっているだけです。

安倍内閣の桜を見る会の後援会問題と参加者の激増

 いくつか見たブログのなかには、屁理屈で安倍内閣を擁護するものもありました。しかしどのような理屈を立てようと、2001年~2010年の10年間で参加者は2000人増の1万人。
 2019年は18200人と、2010年比でほぼ倍増です。

 明確に「安倍内閣が増やした、安倍内閣だからこそ激増した」としか解釈不可能です。

 人数が激増し、私的な後援会などが呼ばれていることも問題ですが……この問題は予算額と人数に注目してみると、もう少し面白くなります。

 2014年の参加者人数は14000人。支出された金額は3000万円。
 2019年の参加者人数は18200人。支出された金額は5500万円。

 参加者の増加割合は30%の4200人増加。ところが支出金額は83%の増加になっています。
 参加者1人あたりで見てみると、2014年は2142円。2019年は3021円とほぼ1.5倍になっています。

 年をおうごとに支出額が増えているのは、安倍内閣の権勢を示しているのでしょうか。

 これらのことから桜を見る会は「買収では? 税金の私的流用だ!」との批判が噴出していますし、私もこの批判は正当だと思います。
 桜を見る会関係のSNS投稿記事が続々削除(笑) – Togetterによれば、SNSの記事の削除が相次いでいるようです。安倍総理から箝口令でも敷かれたのでしょうか。

 さらには安倍首相の桜を見る会 裏では招待状を1通8万円で「高額転売」のように、議員が桜を見る会の招待状を転売していた疑義も存在します。

政治のモラルハザードと道徳崩壊

 国会はときどき、学級崩壊に例えられます。国会が学級崩壊なら、政治は道徳崩壊とでも表現するべきが現状ではないでしょうか。

 ジョン・アクトンはイギリスの思想家ですが「権力は腐敗の傾向がある。絶対的権力は絶対的に腐敗する」という彼の言葉は、あまりに有名です。
 この「絶対的権力」とは何も、独裁政治や専制政治だけを指しているのではありません。安倍内閣という「どんなスキャンダルでも崩れない、長期政権」も含まれるでしょう。

 モリカケ問題、TPP国会批准、入管法規制緩和、種子法改悪、消費税増税etc……。これだけやっておいて倒閣されない。まさに絶対的権力と表現するにふさわしいのが、安倍内閣です。
 ジョン・アクトンの言葉に従えば「絶対的に腐敗する」のは当然と言えます。

 政治におけるモラルハザード、道徳の崩壊が腐敗です。
 腐敗とは自然現象の1つであり、腐敗しいたものは再生は不可能という意味合いもあります。

 今回の桜を見る会の後援会問題に、安倍内閣の腐敗具合が現れているのではないか? と私は判断します。

2
コメントを残す

1 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
阿吽

>ジョン・アクトンはイギリスの思想家ですが「権力は腐敗の傾向がある。絶対的権力は絶対的に腐敗する」という彼の言葉は、あまりに有名です。
>この「絶対的権力」とは何も、独裁政治や専制政治だけを指しているのではありません。安倍内閣という「どんなスキャンダルでも崩れない、長期政権」も含まれるでしょう。

こういった文章を見ると、たまに思うのですが・・、ドイツのメルケル政権(今年で14年目の長期政権)なんかも、だいぶん腐敗してるんですかね・・・?

腐敗してるから、あんな移民の大量受け入れとか、おかしなことしちゃうんですかね・・?

トナカイ

ネットで、ただの嫌韓反民主党カルトが、愛国で保守であるかのように広まっているのが厄介ですね。
自民=正義、野党=反日売国奴みたいな単純な二者択一のレッテル張りみたいな考えが、広まっている。
10年くらいまえのニコニコ動画や、2ちゃんねるや、痛いニュースで流行っていた考えが、ネット中に広がっているのが、いやな感じ。
まあ、自分も、その頃は物を知らない二十代前半で、周りの多数派の言うように民主党のせいだと思い込んでいたわけですけどね。
でも、さすがにこれだけ、安倍政権がグローバリズム全開の庶民いじめの政治をしているなかで、未だにその考えを卒業していない人が多いのは、なんかなあと思います。
積極財政派=共産主義者で北朝鮮の手先で売国奴と頭ごなしに決めつけてるみたいなのが、橋下徹、安倍総理持ち上げながら、自己責任論振りかざしている感じ。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民