デンマーク:公立小学校の授業で子供たちに「アラー・アクバル」を唱和させる。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

公立小学校の子供たちがイスラムの礼拝を練習させられているビデオが拡散され、保守系から非難を浴び議論になっています。

 

(2019/06/18 に公開のyoutube)

 

先生の注意深い監督の下、アフリカ系イスラム教徒の少年が3年生のクラスメイトに日常の祈祷儀式を教えています。

2分間のビデオの最後は、みんなで膝まずいて「アラー・アクバル」と唱和します。

 

デンマークにあるヴァイレ (Vejle )自治体のThyregod学校の校長は「お互いを知る」週間に行われたこの教育方法について、様々な背景を持つ子供たちが彼らの文化を分かち合うチャンスだとして擁護しました。

 

法律には、我々は様々な宗教の、実際的な理解を含めた情報を広めなければならないとなっていて、このやり方は子供たちに宗教を教える良い方法だと思っていると述べました。

 

English Democrats North West代表のStephen Morris氏は、Ramadhan Foundation最高責任者の Mohamed Shafiq氏とRTで論戦を繰り広げ、次のように述べました。

 

人々に異なる宗教を教えようとすることは学校の過失です。

異なる宗教がどうなっているのかを教えるのと、積極的にそれを祈らせることは別です。

そのような行為はヨーロッパ人の権利、人権侵害になります。

WATCH: Shocking VIDEO of Danish public schoolkids chanting Allahu Akbar - Geller Report News
Under the guise of integration, it's indoctrination.

 

 

イギリスでも宗教教育というカリキュラムがあります。

イギリスでは1944年と1988年の教育法で、両親が理由なしで子供に宗教授業を受けさせない権利が認められていますが、多くの教師がこれを剥奪したいと考えています

 

 

ダイヤグリーン

 

祈祷の実践の次は、コーランに書かれている最大4人の妻の殴り方の練習でしょうか?叫び

 

コーラン第4章34節

男は女の擁護者(家長)である。それはアッラーが、一方を他よりも強くなされ、かれらが自分の財産から(扶養するため)、経費を出すためである。それで貞節な女は従順に、アッラーの守護の下に(夫の)不在中を守る。あなたがたが、不忠実、不行跡の心配のある女たちには諭し、それでもだめならこれを臥所に置き去りにし、それでも効きめがなければこれを打て。それで言うことを聞くようならばかの女に対して(それ以上の)ことをしてはならない。本当にアッラーは極めて高く偉大であられる。

 

コーラン第4章3節

あなたがたがもし孤児に対し、公正にしてやれそうにもないならば、あなたがたがよいと思う2人、3人または4人の女を娶れだが公平にしてやれそうにもないならば、只1人だけ(娶るか)、またはあなたがたの右手が所有する者(奴隷の女)で我慢しておきなさい。このことは不公正を避けるため、もっとも公正である。

 

コーランは妻を殴るのも、性奴隷の所有も認めているのです。

 

ジェンダーフリーとかフェミニズムとか人権擁護を標榜する集団が、無関係なトランプ大統領を叩きながら、このような教義を問題視しないことが不思議で仕方ありません。うーん

 

アヤーン・ヒルシ・アリ氏が主張するイスラム教の改革などには耳を貸さず、モスクを乱立させ、子供にイスラム教を教えながら、人権の守護神を気取る西欧諸国も理解不能です。うーん

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民