経済

政治・時事

地方から反緊縮運動の実現を!MMTを応用した「地域主権通貨」構想!- Part1

MMTを含んだ反緊縮運動はこの一年で大きく勢力を増し、ネット上のみならず学者、政治家や世間一般にも認知されるようになりました。 この反緊縮運動は国家を対象としていますが、地方は未だ救われる手立てもなく荒廃が進んでいます。そこで私は、MMTのアイデアを応用した「地域主権通貨」というアイデアを発案しました。...
現代貨幣理論(MMT)

ビル・ミッチェル教授が登壇!現代貨幣理論の国際シンポジウムに参加

ビル・ミッチェル教授の現代貨幣理論の講演を聞くことができました。 2019年10月に引き上げられた消費増税に言及され、過ちが繰り返されてしまったというお話がございました。 ミッチェル教授は主流派経済学をかなり辛辣に批判していました。
経済

今ささやかれる下級国民・上級国民とは?経済格差だけではない格差社会

 今年は上級国民という言葉が、流行語大賞にまでノミネートされたようです。池袋高齢者暴走事故では、加害者が逮捕されない理由として「上級国民だからではないか?」とささやかれました。 下級国民、上級国民という言葉はネットで、普通に使用されます。それぞれに、きっちりとした定義があるわけではありません。 しかし...
現代貨幣理論(MMT)

現代貨幣理論の就業保証プログラムで人手不足を解消するべきだろうか

就業保証プログラムを説明し、具体例を挙げながら、日本経済における人手不足が解消するのか否かについて論じていきたいと思います。 人手不足は解消しないどころか悪化する可能性があり、民間企業の自主廃業の理由に就業保証プログラムが挙げられる可能性もございます。
2019.10.11 21:35
経済

アベノミクスが完全成功として修正しないリフレ派高橋洋一。アベノビジネス権益利得者に過ぎない

似たような思い出でも思い出すタイミングによって見え方が違うこともあるだろう(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)独特の小動物のような喋りで、あるものは納得し、ある者には相当な不快感を与える高橋洋一氏は、一貫して安倍擁護であった。そこには日本のために良くしたいという思いがあるのかといえば、...
政治・時事

日本版 MMTの必然性!現代貨幣理論のJGP応用で移民亡国を阻止せよ!

 本エントリーはランダル・レイ著のMMT入門の印象に残った部分をピックアップしMMTとは何か?皆様と共に論考し、特に雇用保障プログラムJGPについて移民亡国阻止の観点から論じます。経済学者とは、時代によって言う事が変わる種族である MMT入門を読んだ率直な感想として、経済学者は、時代によって言...
現代貨幣理論(MMT)

現代貨幣理論(MMT)批判が9月からぱったり出てこなくなった理由

 9月に入りまして、現代貨幣理論(MMT)批判を書く有識者がいなくなりました。8月までは週に何回かは、現代貨幣理論(MMT)批判が報道されていたにもかかわらず。 むしろ9月からは「現代貨幣理論(MMT)は間違ってなくね?」という、肯定の記事しか出ていません。私が調べた限りですが。 この変化の理由は何な...
経済

公共インフラ老朽化が問う「持続可能性」という言葉の意味

管理人編集:国土交通省から転載のインフラ予測(国土交通白書)先日関東地方を直撃した台風5号の影響で、千葉県を中心に停電や家屋倒壊など甚大な被害が生じました。改めて被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、復旧作業や救援作業にご尽力なさった方々にもお礼申し上げたいと思います。特に千葉県...
経済

ベーシックインカム批判に再度反論し、フィンランドの事例に学びたい

以下のベーシックインカム批判に再度反論し、フィンランドの導入事例を紹介します。 1、小さな政府志向もしくは行政の手抜きなのではないか 2、地域振興券の偽造・転売リスクが生じ、使用できるお店が限定される 3、ベーシックインカムによって賃金や給料が下がる
経済

アメリカの格差社会の問題と原因とは?他人事ではない日本の格差拡大

 アメリカは格差大国といわれます。上位10%の勝ち組の所得は上昇し、ボトム90%の所得は30年間、ほとんど上昇していないというデータもあります。 アメリカの格差問題に、日本は「ああ、日本に生まれてよかった」と言えるでしょうか? 他人事で済ませられるでしょうか? 日本においても、格差はデフレとともに広が...
政治・時事

極左MMT!レイシストでヘイト豚のビル・ミッチェルは日本に来るな!

MMTはケインズ革命の失敗を乗り越えられるか?デマを垂れ流し、政治信条で差別することは、絶対に許されない! 事実は小説よりも奇なり。と申しますが、ビル・ミッチェルとステファニー・ケルトンがレイシストの差別主義者であることが判明しました。ミッチェルは、表現者クライテリオン9月号に対し、事実誤認の...
経済

「教科書読めよ!」は“リ・フ・レ・堕・ち”のサイン

【原理主義】「聖典などに根拠をもつ教義・規範などを厳守し、世俗主義に対抗しようとする宗教的思想・運動。一般に、原理・原則を重視し、その徹底をはかろうとする立場。市場原理主義など。」(三省堂 デジタル大辞林)【教条主義】「事実を無視して、原理・原則を杓子定規に適用する態度。ドグマティズム。」(三省堂 ...
経済

ホームレス山本太郎を救いたい。れいわ新選組の住宅政策が生ぬるい!

先の参院選で落選したため、議員宿舎を出ることになった山本太郎ですが、未だに住宅を確保できず、ホームレス山本太郎となっています。 無職の方、非正規労働者のため低所得の方、高齢者などのいわゆる経済弱者の方は民間賃貸住宅を借りることが難しくなります。
政治・時事

柴山桂太がMMTを完全論破!税は政府の財源だ

8月30日にMMTの教科書の翻訳本が出ましたが、その露払い?として表現者クライテリオン9月号のMMT特集が発売となりましたので、その中の柴山桂太さんの論考を解説致します。柴山桂太が暴いたMMTの真実 表現者クライテリオンMMT特集の柴山桂太さんのコラムが秀逸でした。MMTの主張である税と政府支...
現代貨幣理論(MMT)

経済学と信用創造-商品貨幣論と主流派の本源的預金の矛盾

 本稿では、主流派経済学のいう信用創造の矛盾点を指摘します。端的にいえば、又貸し理論の矛盾点です。 この矛盾を指摘することで、商品貨幣論や主流派経済学の矛盾も顕になるでしょう。 とすると、現代貨幣理論(MMT)の正当性も主張できると考えます。 とはいっても、難しいことでもありません。 知識として必要な...