緊縮財政はなぜ根強い?ヒントは自己啓発本のマーケティングにある

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 積極財政の言説はいまいち広まらず、緊縮財政は相変わらず根強いです。その原因はどこにあるのか?

 原因や理由がわかれば、解決策も講じられるというもの。
 え? いままで原因はわかっていなかったの? と思うかもしれません。積極財政が広まっていない、緊縮財政がなぜか転換できていないのですから「推定した原因は間違っていた」と判断するべきでしょう。

 なぜ緊縮財政が転換できないのか? その原因を解説します。

スポンサーリンク

「なぜ緊縮財政が強いか」への積極財政派の回答

 なぜ緊縮財政がずっと続いてきたのか? と問われると、積極財政派は合成の誤謬を理由として挙げていました。

 合成の誤謬とは「ミクロで合理的な行動が、マクロで悪い結果になること」です。「デフレで企業も個人も節約したら、余計にデフレが加速する」などで例えられます。

 つまり「デフレでみんな節約しているから、国も節約しろ」と、みんなが勘違いしている。従って緊縮財政になる、という説明です。
 マクロとミクロの違いがわかっていないから、緊縮財政が続いているというわけ。

 一見この推定は、正しいように思えます。そうであれば「マクロとミクロが違うと言うことを、広めれば緊縮財政も転換できるはず」となります。

 しかしマクロとミクロが違うという考え方は、味見すらされずに「拒否」されています。正しいにもかかわらず!

 この事実を掘り下げずに「あいつらはバカだから理解できない!」と、思考停止してしまうのは簡単でしょう。しかし今回は、掘り下げてみましょう。

合成の誤謬と、社会通念としての緊縮財政

 まず整理しましょう。いままで「合成の誤謬も知らず、国家財政を企業や個人と混同して考えている。だから緊縮財政になる」と考えられてきました。
 この考え方はすなわち「国家という視点が欠けている」との批判です。

 誰に? それは人によって様々です。政治家だったり有識者だったり、そして主権者たる国民だったりです。確かに……と思わなくもありません。

 一方で日本は、空気や暗黙の了解が多い社会です。社会通念が強く、それに反することは言い出せない空気があります。

 例えばコロナ禍で、続々と会社に向かう会社員を見て「日本の会社員は忠誠心が強い」と言われます。三密は徹底的に避けるべし! とされている中で、通勤電車だけは例外的に扱われました。

 だれも「通勤電車が三密だからダメ!」とは言いませんでした。理屈的にはダメなはずです。理屈より空気や社会通念、そういったものが強いのが日本社会の特徴ではないでしょうか。

 とすると社会通念を分析して、どのような空気が存在するのかを突き止めることで「なぜ緊縮財政が根強いのか」を知ることが出来るのではないでしょうか。

 日本の社会通念の多くは、有限を前提条件としています。特に海洋国家である日本は、大陸国家と異なって「外に獲りに行く」ことをしてきませんでした。よってさらに「有限な中でなんとかする」という社会通念の前提条件が強いのではないでしょうか。

 有限とは例えば石油、自然、食べ物などの生活に関わるものすべてです。石油は太平洋戦争時に苦労したものですし、自然も日本では有限と考えられる傾向にあります。

 では貨幣はどうか? というと、現代貨幣理論(MMT)に則れば貨幣空間は無限です。貨幣空間が無限だからこそ、国家は貨幣を――インフレ制約以外で――無制限に市場に供給することができます。

 この事実は、社会通念と異なります。「外に獲りに行かない」という空気がある日本において、あまりに「無限の貨幣空間」は”都合がよすぎる”のです。
 どのような都合の良さか? 「食べても太らない!」みたいな、胡散臭さを伴っていると思われます。

緊縮財政をマーケティング的に分析

 整理しましょう。

  1. 有限が強い前提条件となった社会通念や空気
  2. 論理が通っていても、空気が優先される社会性

 この2点が、緊縮財政の転換を難しくしているのではないか? と判断します。さらに日本の場合「なくなったら外に獲りに行けばいい」という発想は、あまりありません。従ってより、有限なものを節約して大事に扱う、という発想になるのでしょう。

 また困ったことに、日本人が1997年をピークに貧困化しているという”事実”を、実感できる人はどれだけいますか?
 多くの人は年齢を重ねて実感できないし、もし貧しくなったとしても「それは自分だけ」と判断する人の方が多いのではないでしょうか。
 つまり「デメリットを正確に感じ取れないし、そもそも忘れる」わけです。

 さらに緊縮財政は、三橋貴明氏が明らかにしたように「規制緩和や構造改革とセットで行われる」ものです。これらのシステム変更は、何かをしている気になります。効果がどうであれ、です。

 緊縮財政はマーケティング的に見て、以下のような特徴に整理されます。

  1. 有限な中で節約して活動している、つまり困難に立ち向かっているという充足感
  2. 規制緩和や構造改革などのシステム変更で、何かをしている気になれる満足感
  3. 統計やデータから分析しなくてよいから楽

 わかりやすく表現すれば、自己啓発本と一緒の効果を緊縮財政は持っています。
 さらに! 自己啓発本は同じような内容であれ、しょうもない内容であれ……売れます。

 ではなぜ自己啓発本は売れるのか?

自己啓発本はなぜ売れるのか?|ひよくさん|note
~はじめに~ 先日、急な思いつきと勢いではじめたnoteですが、初投稿から1週間程たち意外なことに多くの方に読んでいただき、好評をいただきました。 皆様が読んでくださることと、ありがたいメッセージがとてもうれしく、モチベーションになります! 今後とも応援よろしくお願いします! ~本編~ 皆さんのおうちに...

 上記では「じゃあなんで売れるの?答えは読者が成長・成功していないからです。」と、非常に端的に答えています。
 そう、緊縮財政も一緒です。セットになる規制緩和や構造改革が、なぜ繰り返されるのか? 答えは「規制緩和や構造改革で、成長していないから」です。

なぜ緊縮財政が根強く、なぜ転換できないのか?

 緊縮財政はなぜ根強いのか? は、自己啓発本がなぜ売れるのか? と一緒の理屈です。自己啓発本も「読んでいると何かした気になる」ものです。
 緊縮財政とセットの規制緩和なども、やった気になれるのです。

 自己啓発本はデータや統計から、改善を求めるようなことはしません。極端に言えば「気の持ちよう」で何とかしようとします。それでなんとかなれば、楽ですよね。
 緊縮財政もデータや統計から、デフレ期に間違っているのは明らかです。でもデータや統計を理解するのは、面倒くさいし楽じゃありません。

 もう1つ言及すれば、コストカットや効率化は「やれば必ず結果が出る」ので楽です。逆に投資したり売り上げを上げたりするのは「やっても必ず結果が出るとは限らない」ので難しいものです。

 コストカットや効率化は「答えが出る問題」であり、積極財政や投資、経済成長は「何が正しいかはやってみないとわからない部分がある問題」です。だから前者の方が楽です。

 まとめると緊縮財政は、楽だから根強いのです。そして自己啓発本のように、成長しない限り「緊縮財政の需要」は尽きません。

 この現状に対して積極財政は、どのようにアピールしていくべきか? の考察は、またの機会に譲ります。

緊縮財政から転換できないのはなぜ?緊縮財政国家日本を読み解く - 高橋聡オフィシャルブログ バッカス
目次 20年以上緊縮財政の続く日本はなぜ脱せない 1.財務省はプライマリーバランス目標を、頑なに守ろうと邁進している 2.財政法4条による縛りによって、特別国債発行が戒められているから 3.グローバリズムによる規制緩和・
緊縮財政とデフレの関係とは-日本の失われた20年をわかりやすく解説 - 高橋聡オフィシャルブログ バッカス
 本稿はデフレとは? なぜ脱却できないのか? を誰にでもわかりやすく解説します。  デフレの議論で必ず出てくる「財政出動をしても一時的!」「日本は国債が1000兆円! 緊縮財政なんかしてない!」が、見当違いな議論です。こ
Subscribe
更新通知を受け取る »
2 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
のりさんたかのり
1 ヶ月 前

次回をお楽しみにって、なんじゃそりゃ!

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民
2
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x