バラマキ給付金は経済政策の外道

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

反緊縮派の方の中にも色々な方がいらっしゃいます。
今回の記事タイトルは、給付金や、BI(Basic Income,ベーシックインカム)、いわゆるお金をバラ撒いて景気を回復させようという考え方の方には、少々悪印象なタイトルであろうかと思われますが、まずは最後までお読みいただければ幸いです。

スポンサーリンク

外道とは

今回の記事タイトル、お気づきの方も多いかと思いますが、
かの神風特攻隊創始者の一人で、終戦時自決された大日本帝国海軍中将大西 瀧治郎氏の言葉です。
1944年10月27日、出撃する特攻隊を見送った後、神風特攻隊命名者である猪口力平帝国海軍大佐に語った言葉から来ています。
猪口氏によると、大西中将はこのように語ったと言われています。

こんなことしなければならないのは日本の作戦指導がいかにまずいかを表している。
統率の外道だよ。

私は給付金に対しては、そこまで否定的というわけではありません。

特に現状のように、国民が疲弊しきって消費増税前の駆け込み需要すら起こせないくらい弱り切っている状況では、一時的、緊急避難的な対策として、給付金支給というのは非常に効果がある、というか、庶民としての立場から言えばとてもありがたい政策だと考えています。

しかしながらこの給付金というのは、確かに庶民の懐を温かくしてくれますが、経済政策としては下策の部類です。

何故かというと、
これによって国民(生活)の安全保障が強化されるわけではないから
です。

安全保障と財政出動

政治を考える基本、国家の安全保障とは何か①~国家の階層構造 門前小僧 進撃の庶民

国民に直接お金を手渡しても、それによって道路が整備されるわけでも、防災・減災インフラが充実するわけでも、社会保障サービスが充実するわけでも、研究・開発・教育サービスが充実するわけでもありません。

例えば昨年、甚大な被蓋をもたらした台風15号、19号被害で被災した方に、お金を直接手渡しても、破壊された家屋が即座に復旧するわけではありません。

そのお金は、壊れた家屋の修理費になることはあっても、それによって大工さんが飛んできて、すぐ直してくれるわけではないのです。

また、国民にお金を直接ばら撒いても、明らかに事故発生の危険性が高い交差点の安全設備が充実するわけでもありません。

大津園児死傷事故は、緊縮財政が起こした人災である 門前小僧 アメーバブログ

投資もせずに見返りだけ求める無責任政府

先ほど申し上げた通り、給付金政策は、疲弊しきった今の国民にとって必要と言える政策ではあるかもしれません。

これが平成時代なら、「バラマキ政策だ!」というバッシングが起こり、経済政策とすら呼ばれることは無かったかもしれませんが、現在のように貯蓄ゼロ世帯が激増し、国民が疲弊しきった状態では、必ずしも下策とは言えない、むしろ必要な政策と言える状況になってしまっています。

これまでマトモな経済政策が実施されていれば、給付金などバラ撒かなくても国民の多くが豊かな生活を送り、なおかつ災害にも負けない安全性の高い充実したインフラの上で生活できていたはずなのです。

つまり、いわゆるバラマキと呼ばれるような給付金というのは、国民が貧困化してどうしようもなくなってしまったときに初めて実効性を持つような政策であり、それまでの政府の経済的な失策の帰結と言えます。

すなわち、これまでの経済的失策を挽回し、フォローするために、やむにやまれない状況で行われるような政策、つまり経済政策の本道からは外れた政策、すなわち“外道”と言う事になります。

(ちなみに、給付金とは言っても、例えば今の融資型の奨学金制度を給付制にする、というのはバラマキではなく、「人材育成のための投資」です。)

現代資本主義の“外道国家”

基本的に資本主義の国家では、政府は通貨発行権という強大な権限を持ち、無尽蔵の資金力を持つ国内最強の投資家として、経済活動の基盤となる社会インフラに投資して国を経済成長を導き、国民の所得を増やして豊かにし、その見返りとして税を徴収するというシステムになっているわけです。

つまり、政府というのは「投資家」の側面を持ち、自国の維持・安全保障・経済的学問的発展に必要な産業や領域に「投資」をし、国民により豊かで便利で安全な生活を提供することが仕事のはずです。

ところが今の政府は、国の借金を返済するための緊縮財政などと宣い、ロクな投資もせず、貧困化する国民から増税でアガリだけ巻き上げる、いわば悪徳投資家かみかじめ料を巻き上げるやくざか暴力団のような組織になっています。

そういう意味でも、今の日本政府は“道を踏み外した外道政府”といえるでしょう。

神風特攻隊と現代日本の経済政策

最後に、改めて大西中将の言葉を、現代日本の経済政策に当てはめて言い換えてみます。

こんなことしなければならないのは日本の経済政策がいかにまずいかを表している。
経済政策の外道だよ。

2
コメントを残す

2 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
davidoff cool water

あのな、安全保障は安全保障やで、経済政策は経済政策や。

安全保障に繋がらないといけないわけか?アホか。

それにな特攻機に乗る覚悟も無い輩が簡単に安全保障などという言葉を使うなよ。同じ様にドカチンをやらない輩が簡単にドカチンを推進するなよ。

コンクリートが安全保障か?全く的外れだね。安全保障とは、特攻機に乗る気概のある国民を作ること。

コンクリートのハードを造れば安全保障?馬鹿丸出しやな。

おい、三橋、お前明日から3年間、ツルハシ持って日当8000円でドカチンやれや!そしたらお前の言う安全保障とやらを少しは聞いてやるぜ。

他人の血と涙の低賃金労働や外国人労働の上に造るハリボテのコンクリートが口先だけの輩達の為の安全保障?

笑わせるなよ。

たくさんなんだよな、戦う気概も無い輩達のなんちゃって安全保障なんてのはな。

100%防げる安全保障なんてあるの?安全を保障してくれるらしいが、誰が保障してくれるの?三橋か?藤井が?それともお前か?言うからにはキッチリ責任取れよな。

特攻は命を捨てる覚悟で責任示すわな。命を捨てる覚悟も無いからコンクリート言うんやろ?要は死ぬ事もじさない構えが安全保障なんだよ。

僕ちん、危ないの嫌いですから、恐いですから、なけなしの命をコンクリートで守って欲しいの、しかも他人に造ってホッシーの、あほか。コンニャクで十分。

安全安全言うて、死ぬのが一番の安全や。だからそういう輩は死んだらええんちゃう。

外道って素敵ヤン!

ベーシックインカム最高!って気狂いが、大勢いるのは、デフレが20年も続いた日本では、仕方ないと思いますけど、敢えて、外道!って、罵詈雑言を浴びせるのは、とても素敵だと思います。

ベーシックインカムには悪いベーシックインカム「死」か無い!ベーシックインカムに賛成する奴は、人殺しだ!って本気で思いますね。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民