【論文要約】『現代の経済における貨幣:入門』~現代貨幣の種類について

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

貨幣に種類があるということとその重要性はあまり知られていません。
今回はイングランド銀行の四季報から、貨幣の種類を論じた論文の抜粋をします。
(全訳はその内経済101に掲載されるかもしれません。その場合この記事は削除される可能性があります。)
本論文は、中野剛志氏が『富国と強兵』などで紹介した論文『現代経済における信用創造』の姉妹論文です。

スポンサーリンク

貨幣の役割

貨幣には3つの役割がある。
①価値の貯蔵
②計算単位
③交換手段

①価値の貯蔵

貨幣の第一の役割は価値を貯蔵することだ。
合理的に予測可能な方法で価値を長期にわたって維持すると期待される何か。何百年も前に採掘された金や銀は今日でも価値があるだろう。しかし、腐りやすい食べ物は腐るとすぐに価値がなくなってしまう。そのため金や銀は良い価値貯蔵手段になるが、生鮮食品はそれほどではない。

②計算単位

貨幣の第二の役割は計算単位、つまりメニューや契約、価格ラベルなど、商品やサービスが値段付けされる単位だ。
現代経済では、計算単位は通常、通貨、たとえば英国のポンドだが、代わりに一種の商品になることもある。過去には、商品は、主食(「沢山の小麦」)や家畜のような非常に一般的なものを単位として値段付けされていた。

③交換手段

第三に、貨幣は交換手段でなければならない。
商品それ自体を欲しているからというよりは、何か他のものと交換することを企図しているために人々が保有する物だ。例えば、第二次世界大戦でのある戦争捕虜収容所では、貨幣がない中、タバコが交換手段となった。非喫煙者でさえもたばこと交換しようとしただろう。 タバコを吸うことを計画していたからではなく、後で欲する何かのためにタバコを交換することができただろうから。

イングランド銀行の目的の1つは、通貨の価値を保護することだった。交換手段は優れた価値貯蔵手段である必要があるが、優れた交換手段ではない多くの優れた価値貯蔵手段がある。例えば、住宅はかなり長期間にわたって価値を維持する傾向があるが、支払いとして簡単に引き渡すことはできない。

経済における交換手段が計算貨幣になることは通常効率的だ。もし英国の店が米ドルで商品の値段付けていて、それでもまだスターリング通貨(英ポンド)でのみ支払いを受け入れているならば、客は何かを買いたいと思う度にスターリング-ドルの為替レートを知っていなければならないだろう。 これは客側に時間と労力がかかる。

貨幣はIOU(借用証書)だ

ロビンソン・クルーソーとマン・フライデー(ロビンソン・クルーソーの友人)は果実と魚を単純に – 貨幣を使わずに – 交換することができたが、現代経済の人々が行いたい交換ははるかに複雑な交換だ。多数の人々が関与している。そして – 重要なことに – これらの交換のタイミングは通常は一致しない。ロビンソン・クルーソーは旬の夏の間に大量の果実を集めるかもしれないが、マン・フライデーは秋まで大量の魚を捕まえることができない。現代経済では、若者は家を買うために借金したい。高齢者が定年退職のために貯蓄する。そして労働者は、給料日ではなく、毎月の月給を月に渡って徐々に使うことを好む。これらの需要パターンは、ある人々が借りたいと望み、後の時点で他の誰かによって返済される債権、またはIOUを保持したいと望むことを意味する。現代経済における貨幣は、単なるIOUの特殊な形式、あるいは経済会計の言語における金融資産だ。

それぞれのIOUはある人の金融負債であり、他の誰かの金融資産と一致する。

金融資産は、経済において他の誰かに対する債権 – 個人、会社、銀行または政府へのIOUだ。

金融資産は経済における他の誰かに対する債権であるため、それらは金融負債でもある。ある人の金融資産は常に他の誰かの借金だ。閉鎖経済における金融負債の大きさは金融資産の大きさに等しくなる。ある人が住宅ローンを借りる場合、彼らは銀行に長いあいだ金額を支払う義務、つまり負債を得る。そして銀行はそれらの支払い、同じ額の資産を受け取る権利を得る。あるいは、彼らが社債を所有している場合、彼らは資産を持つことになるが、会社は同じ規模の負債を持つことになる。対照的に、非金融資産は他の誰に対しても債権がない。誰かが家や金を所有している場合、対応するその負債がある相手はいない。そのため非金融負債は存在しない。経済のすべての人がすべての資産と負債を1つにまとめると、貨幣を含むすべての金融資産および金融負債が相殺され、非金融資産のみが残る。

貨幣の種類

貨幣には主に3つの種類がある。
①通貨(紙幣、硬貨)
②銀行預金
③中央銀行準備
それぞれが経済のある部門から別の部門へのIOUになっている。

①通貨(紙幣、硬貨)

通貨はイングランド銀行からその他の経済部門へのIOUだ。
通貨は消費者が保有する他、市中銀行も預金引出に応じるために少額を保有している。通貨は指定された金額(例えば5ポンド)を、要求に応じて通貨の保有者に「支払うことを約束」する。これにより、通貨はイングランド銀行の負債となり、その保有者の資産となる。

現代の通貨は、他の資産(金や他の商品など)に変換できない不換貨幣だ。不換貨幣は流通貨幣として経済のすべての人に受け入れられているので、イングランド銀行はその貨幣の保有者に債務を負っているが、その債務は不換貨幣でしか返済できない。

通貨が実物財に直接変換できないのであれば、交換でそれらが普遍的に受け入れられるものとなるのは何だろうか? 一つの答えは、信頼できる交換手段は、社会的あるいは歴史的な慣習の結果として、徐々に現れるということだ。そのような多くの社会に現れる慣習がある。

通貨を快適に保持するためには、人々はいつか誰かがこれらの紙幣を、国が保証を促進する実物財まもう1つの方法は納税としてそれを受け入れることによって通貨の需要が常にあることを確認することだ。政府は、その通貨が「法定通貨」を表すと見なすことによって、その需要に影響を及ぼすことができる。

政府がこのように通貨の使用に根拠を与えたとしても、それだけでは人々がその通貨を使用する(または法的にしなければならない)ことを保証するわけではない。彼らは自分たちの紙幣が価値があることあることを信頼する必要がある。それは紙幣が偽造されるのが困難であることが重要であることを意味する。彼らは、紙幣の価値が、価値貯蔵として、そして交換手段としてそれらを使うことができるように、広く安定したままであることを信頼する必要がある。これは一般的に国が低く安定したインフレ率を確保しなければならないことを意味する。

イングランド銀行は国民の需要を満たすのに十分な紙幣を確実に創造する。 銀行はまず、商業印刷業者による新しい紙幣の印刷を手配する。 それからそれらを市中銀行の古い紙幣と交換する。それらはもはや使われるのにふさわしくないか、または回収された紙幣の一部だ。 これらの古い紙幣は、その後銀行によって破壊される。

紙幣の需要もまた、一般的に時とともに増加していく。 この追加の需要を満たすために、銀行はまた、古い紙幣を交換するのに必要な以上の紙幣を発行する。 追加で新しく発行された紙幣はイングランド銀行から市中銀行に買われる。市中銀行は、イングランド銀行の紙のIOUである新しい通貨を、電子のIOU、中央銀行準備、と交換することによって支払う。

②銀行預金

通貨は、経済の中で人々や企業が保有するごくわずかな金額しか占めていない。残りは銀行への預金で構成されている。安全上の理由から、消費者は通常、すべての資産を物理的紙幣として保管することを望んでいない。さらに、通貨は利子を支払わないため、銀行預金などの他の資産よりも保有するのは魅力的ではない。これらの理由から、消費者はほとんどの場合、代わりの交換手段である銀行預金を保有することを好む。銀行預金はさまざまな形態を取る。例えば、消費者が保有する当座預金や普通預金、投資家が購入する銀行債権。現代経済ではこれらは電子的に記録される傾向にある。

消費者が自分の紙幣を銀行に預金するとき、彼らは単にイングランド銀行のIOUを市中銀行のIOUに交換しているだけだ。市中銀行は追加の紙幣を受け取るが、見返りに、預金額が消費者の口座に入金される。 消費者は、常に返金できると確信しているため、銀行の預金と通貨を交換するだけだ。 したがって銀行は、彼らのIOUの返済のために、預金者から予想される需要を満たすのに十分な金額の通貨を常に取得できるようにする必要性がある。 ほとんどの家計の預金者にとって、これらの預金は、顧客が彼らに強気の姿勢を保っていることを確実にするために、一定の価値まで保証されている。 これにより銀行預金は簡単に通貨に交換できると信頼されることを保証し、交換手段として機能する

現代の経済では、銀行預金はしばしばデフォルトの貨幣だ。ほとんどの人は現在、通貨ではなく銀行預金で給料の支払いを受けている。そして、これらの預金を通貨に戻すよりむしろ、多くの消費者はそれらを価値の貯蔵として、そしてますます、交換手段として使用している。例えば、消費者がデビットカードで買い物をすると、銀行部門はその消費者への借金を減らす – 消費者の預金が減少する – 一方で、店に支払う金額を増やすと – 店の預金が増える。消費者は、それらを通貨に変換する必要なく、交換手段として預金を直接使用した。

銀行預金は主に市中銀行自身によって創造される。銀行預金の残高は、誰かが彼らの口座に紙幣を支払うたびに増加するが、銀行預金の金額も、誰かが引き出しするたびに減少する。銀行預金の創造にとってずっと重要なのは、銀行による新規融資の行為だ。銀行が顧客のうちの1人に融資をするとき、単純により高い預金残高を顧客の口座に入金する。その瞬間に、新しい貨幣が創造される。

銀行預金は銀行の単なるIOUであるため、銀行は新しい貨幣を創造することができる。IOUを創造する銀行の能力は、経済の他の誰とも変わりはない。銀行が融資を行うと、借り手も銀行に対して独自のIOUを創造している。唯一の違いは、以前議論した理由で、銀行のIOU(預金)が交換手段、貨幣として広く受け入れられているということだ。とはいえ、市中銀行が貨幣を創造する能力は無限ではない。彼らが創造できる貨幣の量は、特に金融、財政の安定、そしてイングランド銀行の規制政策など、さまざまな要因の影響を受ける。

③中央銀行準備

市中銀行は頻繁な預金の引き出しやその他の支出を満たすためにいくらかの通貨を保有する必要がある。しかし、物理的な紙幣を使って大量の取引を実行するのは、互いに非常に面倒だ。そのため、銀行はイングランド銀行とは異なる種類のIOU、中央銀行準備を保有することが許可されている。イングランド銀行の準備金は、中央銀行が各銀行に借りている単なる電子記録の口座だ。

家計や企業の預金と同じように準備金は銀行にとって便利な交換手段だ。中央銀行の準備金口座は当座預金が家計や企業に役立つように、市中銀行にも同様の役割を果たすと考えることができる。ある銀行が他の銀行に支払いをしたいのであれば – 顧客が取引をするとき、毎日大規模に行うように – 彼らはそれに応じて彼らの準備金残高を調整するであろうイングランド銀行に伝えるだろう。イングランド銀行はまた、市中銀行が必要とするだろう通貨をいくらでも準備金と交換できることを保証する。例えば、多くの家計が自分の預金を紙幣に換金したい場合、市中銀行はそれらの家計に返済するための通貨と準備金を交換することができる。イングランド銀行は、通貨の発行者として、そのような需要を満たすのに十分な通貨が常にあることを確認することができる。

まとめ

・今日の貨幣はIOU(借用証書)の一種だが、それは経済の全ての人が商品やサービスとの交換で
 他の人々に受け入れられると信じている特別なものだ。

・貨幣には主に3つの種類がある:通貨、銀行預金そして中央銀行準備。
 それぞれが経済のある部門から別の部門へのIOUを表している。

・ 現代経済のほとんどの貨幣は銀行預金であり、銀行預金は市中銀行自身によって創造される。

Subscribe
更新通知を受け取る »
1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
一兵卒
1 年 前

初めてのコメント投稿、宜しくお願いします。それから、たまに過激な投稿も、あるかと存じますが、それはある意味、真実の裏付けで、決して罵詈雑言や誹謗中傷するものでは、ありません。とにかく未来を読み解くための心得は、裏と表の真実の歴史になります。そのためにも左右問わず、あらゆる情報収集からの分析が重要です。因みに私は、故・西部邁先生を師と仰いでおり、先生が残された功績は、ありふれた文化勲章以上の価値がございます。恐らく分かる方には理解されていることと存じます。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民
1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x