政治・時事

政治・時事

【まとめ】安倍政権の何に反対か?政策・性質から安倍政権を振り返る

 安倍政権の支持率は、現在も45%ほどで推移しているようです。第25回 参院選トレンド調査 | NHK選挙WEBで見ると、非常に安定しています。 進撃の庶民は、安倍政権を支持しない読者および寄稿者が多いと思います。私もその1人です。 参院選で安倍政権は、おおよそ勝利したと解釈できます。報道によ...
政治・時事

不正直で不公正な総理大臣には何を期待しても無駄?!

 第二次安倍政権が誕生して早5年の月日が経ちました。「経済最優先」「デフレ脱却」を掲げた経済政策ですが、5年経った現在も「デフレ脱却」を目標に掲げているようです。リフレ派が「タイムラグ!!タイムラグ!!」と連呼していたのももう5年前の話のようですね・・・(遠い目)『国家戦略特区Blog』のみぬささんが、先日...
政治・時事

バラマキに聖域も限界もなし

今年に入ってからMMTの話題が一部マスコミを賑わせたこともあり、緊縮財政主義や構造改革主義に対する疑問の声や異見が白日の下に晒されました。緊縮財政主義や構造改革主義は、平成不況の襲来とともに経済政策の覇権を握り、強権を振るってきたわけですが、そんな“絶対王者”の揺るぎない地位にも、ようやく綻びが見え始めたよ...
政治・時事

給付金ベーシックインカムBIは、ナゼこの世の地獄なのか?

給付金ベーシックインカムは、財政政策の大麻である 仮にですが、抗癌剤や風邪薬と同じく、同じクスリなのだから、大麻を合法化しろ!と語る人がいたら皆さんどう思うでしょうか?私は、同じ財政政策でも、減税や政府支出の拡大と、給付金やベーシックインカム(BI)は、全く違うと考えています。例えば、末期癌患者にモル...
2019.08.06 21:17
政治・時事

令和の政策ピボットの政党化希望!消費税廃止を掲げ衆院選に臨みたい

私は「令和の政策ピボット」こそが蜀漢になるべきであり、れいわ新選組と一時的には協力して、左右の反緊縮政党による挟撃を仕掛けるべきだと思います。 経済学に全く関心がない層に対してアプローチできる「消費税廃止」を掲げて、衆院選に臨むべきなのでは
政治・時事

参院選は自民党の圧勝も、野党が僅かに押し返す-山本太郎議員落選

 現在朝6時30分。参院選2019の選挙結果が報道されています。 事前の世論調査は割と正確で、改憲勢力は3分の2届かず。野党の善戦と評して良い結果かと思いますが、自民党の勝利もまた確定されました。 そして、山本太郎議員の落選。これもまた自身を比例3位にしていた時点で、ある程度は想定された結果です。...
政治・時事

日本人よ、主権を取り戻せ。

民主党政権において菅総理が突如発表したTPP「環太平洋パートナーシップ協定」「保守派」はもちろん「リベラル派」も、心ある人々は一斉に非難の声をあげた。当時野党第一党であった自民党はいち早く反対を表明し、自民党議員の反対運動における「そのバスは地獄行き」「TPP絶対反対」の声に、私は大いに勇...
政治・時事

参院選-自民党と安倍政権はなぜ選挙に強いのか?野党はなぜ弱いのか

 どうやら今回の参院選では、世論調査によれば自民党が圧勝をするそうです。私事ですが、私はすでに比例はれいわ新選組、選挙区は共産党のたつみコータロー(こう表記されている)さんで済ませてきました。 報道によれば、立憲民主党が健闘し、れいわ新選組はステルス票、要するに読めないといわれます。蓋を開けるまでわか...
政治・時事

今度の参議院選挙で応援したい候補

では今回は今度の選挙で応援したい積極財政派の議員を書いていく。 山本太郎 今回の選挙でのキーパーソンはなんと言っても彼であろう。 山本太郎は条件次第で自民党とも組めるところは手を組み、賛成するところは賛成すると主張している。 それに対して、一部の野党支持者が批判しているが、全部自民党の政策に反対だったり、全部自...
政治・時事

とにかく選挙に行け。投票に行け。

安倍政権は消費税10%への増税を、延期や凍結に言及することなく、今回の選挙戦に突入した。普通に考えるならば、少なくとも延期を匂わせるような発言でもありそうなものだが、それすらなかった。よくよく野党各党はナメられたものである。考えてみれば、圧等的な数の差がある政権与党と野党とが、いくら政策論...
政治・時事

MMTが瀬戸内の島々を救う

6月30日付愛媛新聞の1面の「架橋新時代の方途 しまなみ開通20年 第2部 暮らし・安全⑤ 災害への備え 孤立化解消へ対策急務」という記事を読んだ。本州四国連絡橋の一つで愛媛県と広島県を結ぶ瀬戸内しまなみ海道が昨年の西日本豪雨で長時間通行止めとなり瀬戸内の離島が一時孤立状態となったことから、島嶼部の災害時の問...
政治・時事

参院選までに野党党首は選挙戦略を見直すことができるか?

参院選の選挙テーマ今回の選挙テーマはなにかと申し上げるなら、安心を保証してくれる政党はどこかという点にあります。これは、今回のテーマというよりも、常に政党に求められるものですが、今回は、他にテーマがないため、このようになったとも言えます。野党側は、与党懲罰をテーマとしたかった筈ですが、...
政治・時事

れいわ新選組の得票数が今後の日本国民の命運を左右する

参院選選挙が次の日曜日に迫ってきました。ネット上では、れいわ新選組が盛り上がっているようです。そこで、れいわ新選組を取り巻く状況を眺めながら、今後の行方を考えてみます。安倍総理は、参院選の争点が「憲法改正の議論」と主張しっかりとこの参院選においては、憲法の議論すらしない政党を選ぶのか。国民の...
政治・時事

消費税10%増税の軽減税率の対象はどうやって選ばれたのか?

 消費税増税の軽減税率に、生理用品が入らないことがネットで話題になってます。トイレットペーパーやオムツなども、軽減税率の対象外です。 いくつか記事を当たってみても、なぜ対象外なのか? 謎が深まるばかりです。 一方で、必ずしも生活必需品ではない新聞は、軽減税率の対象です。 また軽減税率の議論の当...
政治・時事

選挙なんて、もう止めたら?

7月4日に参議院選挙が公示され、本来なら選挙戦も真っ盛りという時期のはずですが、衆参同日選が吹っ飛んだせいか、いまいち盛り上がりませんね。ネット上でも、山本太郎だ、野党だ、自民だと様々な声が上がっていますが、私自身、与野党双方の候補者の低レベルぶりに呆れ返っており、選挙に行くことすら苦痛に感じています...