高橋聡-ヤン・ウェンリー命

政治・時事

小池晃の国会質疑動画と年金問題・マクロ経済スライドのMMT的見解

 現在、小池晃議員(共産党)の年金問題での国会質疑が、話題になってます。 上記の動画は1週間もたたずに、300万回近い再生数です。 なぜこれほど再生されるか? もちろん拡散している人たちの影響も大きいのですが、原因は「国民の年金不安」でしょう。 年金不安で「消えた年金」「老後に20...
経済

日本の失業率の推移とアベノミクスの失敗-データから読み解こう

 最近では「アベノミクスは失敗した」「アベノミクスの実態は?」と、ようやく報道され始めました。 しかしこの報道は、事実と異なります。衝撃的でしょうが、まずアベノミクスといわれた「本来のもの」は、そもそも実行されていません。 したがって「アベノミクスは失敗して当たり前」です。 安倍政権は失業率の低下を、...
経済

外国人留学生の起業促進?日本人が起業できる経済環境と景気が先

 外国人留学生の起業促進=在留資格切り替え可能に-特区諮問会議(時事通信) - Yahoo!ニュースというニュースが報じられました。 このニュースは簡単にいえば「日本人が起業しないので、外国人留学生に起業させよう」です。 政府は相当に、頭が悪いでしょう。 日本には「日本人は起業のリスクを恐れて...
経済

デフレ下での消費税増税は安全保障を低下させるパラドックス

 本稿では「消費税増税をすると、安全保障は低下する!」という、衝撃の結論から入りたいと思います。 衝撃的といいましたが、常識的に経済を考えれば、誰でも行き着く結論でもあります。 一般的には「税収から軍事予算が出ている」とイメージされる方が多いでしょう。つまり「税金は重たいけど、安全保障のためには仕方が...
ブログ・SEO・ネット

進撃の庶民の主義主張の大まかなまとめ、および寄稿者の募集

 本日は稿が空いているため、進撃の庶民の大まかな主張と思想をまとめておこうと思います。というか……寄稿者募集も兼ねます(汗) 特に木曜日、土曜日は空いてますので、ぜひともご寄稿いただけるとありがたく存じます。 ブログ記事とは自身の態度の表明であり、表現でもあります。それは多くの人に影響を与えることでし...
2019.06.09 09:50
ブログ・SEO・ネット

進撃の庶民アクセスアップ計画-5月の進捗と記事タイトルの重要性

 この投稿は寄稿者、管理者のみに公開される非公開記事……だったのですが、サイト成長記としてもありかな? と思いましたので、公開で書くことにしました。良かったことのざっくりまとめ いくつかの記事が、GoogleDiscover(Googleアプリのデフォルト画面に出てくるニュース的なもの)に掲載されまし...
2019.06.06 01:55
思想

保守の意味とは?ネットやメディアの自称保守の薄っぺらさ

 最近ネットでもテレビでも、自称保守の有識者や、自称保守を名乗るブログが大量に存在します。Twitterでも自称保守のアカウントは、大概は日の丸かアニメアイコンだったりするのはなぜでしょう。 彼らは本当に、保守思想を理解して保守と名乗っているのでしょうか? 結論から申し上げると”否”であることがほとん...
現代貨幣理論(MMT)

MMT(現代貨幣理論)とは?世界一わかりやすく解説【MMT初心者向け】

 本稿はMMT初心者に向けて、MMTとはなにか? を出来る限り専門用語を使わず、解説します。 MMTとは? と思ってたどり着かれた読者に、「何をどういうふうに調べれば、詳細がわかるのか?」を示すのが目的です。 よくMMTで使用される用語の解説もします。MMT(現代貨幣理論)とは? MM...
2019.05.31 21:25
外交・国際情勢

丸山穂高議員の北方領土戦争発言は失言?戦後レジームの認知不協和極まる

 丸山穂高議員が「(北方領土は)戦争しないとどうしようもない」という発言で、方々から責められているようです。 維新は除名になり、自公からけん責決議を出され、議員を辞めるべきだ! という声も多いようです。 最初に結論だけ書きますが、丸山穂高議員の発言はずれていて現実的ではなく、考えが浅いものの、...
2019.05.31 21:24
現代貨幣理論(MMT)

現代貨幣理論(MMT)とリフレ理論の違いとは? 貨幣経済の貨幣論二大潮流

 初めて中野剛志さんの富国と強兵で紹介された「国定信用貨幣論」は現代貨幣理論(MMT)です。また日本では紹介されたのちに、先駆けて望月夜さん、みぬさ よりかずさん、sorata31さんなどが現代貨幣理論(MMT)を紹介しました。 私も今では立派な? MMTerです。 現代貨幣理論(MMT)を学...
2019.05.31 21:22
政治・時事

外国人労働者・移民の拡大がもたらす、文化摩擦と日本の連帯感の凋落

 2014年、2018年と安倍政権で2度にわたって、入管法規制緩和が行われました。2014年~2018年の4年間で、外国人労働者は60万人増えました。 年間でなんと、15万人の増加ペースとなり、日本はいつの間にか世界第4位の移民流入数を誇っております。 2018年ではさらに、外国人労働者が永住権を取得...
2019.05.31 21:19