ファイザーが新型コロナウイルスのワクチンを開発したと発表。本当か

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
acworksさんよりフリー画像をお借りしました

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2020年11月19日(令和2年11月19日)

スポンサーリンク

ファイザーが新型コロナウイルスのワクチン開発に成功か???

新型コロナウイルスのワクチンが実用化に向けた最終段階に入った。
米製薬大手ファイザーは9日、ワクチンの臨床試験(治験)において9割で有効性が確認できたとの初期データを公表した。

引用元:「9割効果」ファイザーのワクチン 仕組みや供給方法は

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がる中、希望の光かもしれないようなニュースが流れました。

アメリカの大手製薬会社であるファイザー(実は私もお世話になってます(笑))が新型コロナウイルスのワクチンを開発したとのことです。

正直に申し上げて、信用できません(-_-;)
どういったことなのでしょうか。

ファイザーが7月末に開始した最終段階の治験参加者は約4万3500人。
2回目の投与から7日後に調べたところ、90%で感染を予防する効果が確認できた。
今後も治験は継続するため、有効性の水準は変わる可能性がある。

引用元:「9割効果」ファイザーのワクチン 仕組みや供給方法は

ファイザーが新型コロナウイルスのワクチンの最終段階の治験参加者の90%で感染を予防する効果が確認できたとのことです。

ファイザーが主張しているだけで、アメリカ以外の研究機関や第三者機関がその有効性を立証したわけではないので、信用するべきではないと思います。

通常の免疫獲得とは違うのか

ファイザーが独ビオンテックと開発しているワクチンは「メッセンジャーRNA(mRNA)」という遺伝子を使ったもので、ウイルスの遺伝子情報の一部を体内に取り入れ、人の細胞でウイルスの部品をつくり免疫反応が起きる仕組みだ。

引用元:「9割効果」ファイザーのワクチン 仕組みや供給方法は

ウイルスの遺伝子情報の一部を体内に取り入れ、人の細胞でウイルスの部品を作ることで免疫反応が起きる仕組みなのだそうです。

現時点で理解できるのは、通常のワクチンとは別の方法で免疫を獲得するということだけです。
今後はワクチンに関しても精度の高い情報を獲得する必要がありますね。

全世界に公開してほしい情報

ファイザーが発表した時点で、この結果について、専門家による相互評価の対象となる出版物での報告はなされておらず、科学者たちからはさらに詳しい情報の開示を求める声も上がっている。
ファイザーでは、さらなるデータを収集した上で、11月の第3週にも米食品医薬品局(FDA)に対して緊急使用の許可を申請する計画だ。

引用元:「画期的」ワクチン発表のファイザーが、トランプ資金を受け取らなかった理由

やはり専門家による査読や評価を受けていない段階で、ファイザーを褒め称えるのはかなりリスクがありますね。

できるだけ情報を公開していただき、世界的な専門家による評価を受けていただきたいと思います。

ファイザーによると、最終の第3相の治験には4万3千人あまりが参加。
ワクチン候補と偽薬を投与するグループ二つに分け、それぞれ2回接種し、効果と安全性を確かめている。
これまでのところ治験参加者で陽性が確認されたのは94人。
偽薬投与者が多いとみられる。
発表された「90%以上の予防効果」は、当初予想された60~70%を大幅に上回る。
FDAは少なくとも50%以上の効果があることが正式な薬事承認の条件としている。
ただ、治験は終了しておらず、結果は専門家の査読を受けた論文として発表されていない。
免疫効果がどれほど続くのかなど、詳細は不明だ。

引用元:コロナワクチン「効果9割超」 米ファイザー許可申請へ

通常は疑いますよねぇ。
今回ばかりは朝日新聞の記事に同意したいと思います。

現在公開可能な情報を早く公開していただきたいです。

株価急騰に恐怖しているのは私だけか

週明け9日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、大幅に上昇し、ことし2月につけた取り引き時間中の最高値を更新しました。
(中略)
このため、買い注文は、航空や娯楽・サービスなど幅広い銘柄に及び、取り引き開始直後には、先週末に比べて1600ドル高の2万9933ドルと、大台の3万ドルに迫り、ことし2月につけた取り引き時間中の最高値を更新しました。

引用元:NYダウ平均株価 一時3万ドルに迫る 取り引き中 最高値更新

新型コロナウイルスの感染拡大が収束する可能性が出てきたため、航空関連や娯楽・サービス、上記の記事では触れられておりませんが、不動産関連も買いが入ったようです。

新型コロナウイルスの感染拡大によって失われた需要が戻ることを期待して、今の内に割安な株式を大量購入する方が多かったようです。

ハイテク銘柄は売られ、利益確定させた当たり、中々シビアですね(笑)

私個人としては、恐怖しております。
何かが起こればこの動きが逆流する可能性がございます。

本記事は反逆する武士の11月11日の記事を一部修正して掲載しました。

以上です。

Subscribe
更新通知を受け取る »
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x