過度な自粛・休業は逆効果である

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

過度な自粛・休業は逆効果である

自粛・休業ファシズムが吹き荒れる日本では、過度な自粛・休業を強要させられ、営業をすると批判の対象となる。
自粛や休業を強要するのなら、それに応じた休業補償をすべきである。
他にも消費税廃止や様々な税の免除、更なる給付金も必要だろう。
それなのに、自粛・休業をフリーランチの世論で強要するくせに、税金はどんどん取り立てる、カネは貸し付けはするが給付はしない、たった10万円の給付金一回で経済対策は終わりと言う。
経営者も労働者もいつまでも自粛・休業をするだけの経済力を持っていない。
それなら、通貨発行権を持つ唯一の存在の日本政府が、経営者や労働者に直接補償や給付金を配れば良い。
既に何日も自粛や休業を強いたのだから、その分の代金は払えば良い。
また、家賃や賃料なぞ日本政府が全て代わりに支払えば一秒で済む問題。
また、スペイン風邪みたいに冬に今まで以上に感染爆発すれば、更に自粛や休業をせねばなるまい。

その時の為に今は緊急事態宣言を解除し、年末の冬の第二波襲来に備えるべきだ。

つまり、経済活動の再開が必要だ。
日本の100倍の死者が出ている欧米も経済活動を再開している。
日本も経済活動を再開すべきだ。
9月入学・9月新学期は間違い
安倍・小池・吉村ら改革馬鹿連中が、9月入学・9月新学期にしようと主張し出した。
なんでも、海外が9月入学・新学期だからグローバルスタンダードに合わすべきだそうだ。
しかし、海外では桜を見る文化はない。
日本が4月入学・新学期だからこそ、満開の桜と共に卒業式や入学式のイベントを最高の形で迎えられるのだ。
9月入学・新学期にしたら、日本でできる満開の桜と卒業式・入学式の最高の好条件を生かせない。
9月入学・新学期にしても大して益はない。
選択式のセンター試験を廃止し、記述式の共通テストを導入する改革も間違い。
50万人と多過ぎる受験生の試験結果を記述式で公平に採点するのは無理。
選択式のセンター試験だから出来てたに過ぎない。
大体、日本人の学力を向上させるには、飛び級の導入と積極財政での教育費の増加と教員数の増加で済む話。
9月入学は日本人の学力劣化を推進する愚行にしかならない。
麻原彰晃化する安倍晋三
オウム真理教化する自民党
安倍晋三が緊急事態宣言の延長を発表していたが、河合はその言葉を聞いて呆れかえった。

「敬意・感謝・絆あればウイルス克服できる」

まるで、オウム真理教の麻原彰晃のカルト的洗脳語録のようである。

ワタミの社長、渡辺美樹の精神論みたいでもある。

大東亜戦争での竹槍でB29を撃ち落とせる、大和魂さえあればアメリカにも勝てると言うような、非現実的かつ無責任な精神論と似ている。

安倍信者が安倍の発言を聞いてどのように思ったかは不明だが、彼らが敬意・感謝・絆でウイルス克服できると信じているのなら、あまりに非現実と言わねばなるまい。
巨額の財政出動なしに、未曾有の経済危機にどう対応できると言うのか?
家賃や給料や生活費を払えない経営者、家賃や生活費や学費を払えない労働者や学生に対して、敬意・感謝・絆さえあれば勝手にお金が天から降ってくると安倍は言いたいのか?
それとも地から湧いて出ると言うのか?

巨大堤防を築く財政出動をしなかった都市に大津波が押し寄せた時に、敬意・感謝・絆のある安倍信者・安倍真理教徒の者達は、突如として未知の力で空中浮遊・空中携挙ができて、誰一人として大津波の被害に遭わないとでも言いたいのか?
安倍の言葉は意味不明である。
財政出動なきコロナ対策なぞ、堤防なき津波対策同様でナンセンス極まりない。

1
コメントを残す

1 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
1 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

>>それなら、通貨発行権を持つ唯一の存在の日本政府が、経営者や労働者に直接補償や給付金を配れば良い。
既に何日も自粛や休業を強いたのだから、その分の代金は払えば良い。

仰るとおりです。
雇用調整助成金にしろ、検討中の家賃補助にしろ、政府が休業補償金として逸失売上額を全額補償すれば、あっという間に片付く話ですね。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民