多様性を掲げて移民を入れることは国の中に地球の縮図を作ること→平和な国に争いが持ち込まれる

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 ノルウェーで、トルコ人とクルド人がデモから暴動となり、車やバス、商店を襲撃しました。

10月26日(土曜日)ノルウェー オスロのトルコ大使館前で2つのグループがデモを行いました。

トルコによるシリア北部への侵攻に賛成するものと反対するものです。

まあまあ平和的な親トルコのデモが午後1時に始まりました。

そして2時間後にクルド人によるカウンターデモが始まりました。

両者が出会って衝突です。

その暴動でカール・ヨハン通りにあるボディ・ショップが破壊されました。

 

鉄パイプで車やバスも攻撃されました。

警察が催涙弾を使って午後6時ごろには鎮圧しました。

Norway: Turks and Kurds clash in demonstrations, a shop looted and cars demolished - Voice of Europe
Central Oslo was hit by a brawl between Turks and Kurds, because of the situation in Turkey and Syria.

2

10月29日(火曜日)夜10時ごろ、バルセロナにあるBadalonaの街中でパキスタン人ギャングの抗争が勃発しました。

マチェーテ、ナイフ、野球のバットなどが使用され、結果1人が死亡、2人が重傷を負いました。

写真は抗争後の怪我した2人です。

警察は9人の男を逮捕しましたが全員パキスタン国籍です。

薬物関連の縄張り争いかどうかを現在調査中です。

Spain: Massive machete brawl between rival Pakistani gangs - Voice of Europe
A massive machete brawl that broke out between rival Pakistani gangs on Tuesday night in Barcelona has left one man dead and two others badly injured.

ダイヤグリーン

政治を持ち込む迷惑移民が暴動を起こして、その後始末は受入国と国民が負担します。

ドラッグ取引という悪事で滞在する移民が縄張り争いをして、受入国が後始末です。

私たちはこんな移民のために徴税されているのでしょうか?

こういう抗争はノルウェーやスペインの問題ですか?パキスタンやトルコでこの逆が起きないことを考えれば、受け入れている国が愚かなのではないかと思います。

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民