テラスプレスと自民党のネトウヨ化-自民党冊子のテラスプレスとは

この記事は約5分で読めます。

 今話題のテラスプレス、ご存知ですか? 出所不明の怪しいニュースサイトなのですが、自民党が冊子にしました。演説用資料として。

 報道当初から、私もテラスプレスを追っています。ウェブ解析も、できる限りしました。
 浮かび上がるのはその異常性です。
 どうも、参院選に合わせて「記事を書いてきた」「でもGoogleには拾われたくない」という意図にしか見えないニュースサイトです。

 自民党が冊子化したことで、問題になりました。
 結論からいえば、自民党がネトウヨ化していると論じることが可能かと思います。

 解説していきますので、どうぞ最後まで「テラスプレスの謎と自民党」にお付き合いください。

テラスプレスとはどんなサイト? URLは?

 実はテラスプレス、ググっても出てきません。報道の初期は、私もテラスプレスを探すのに苦労しました。コメント欄で「これでテラスプレスのURLに行きつける」と教えていただきました。

リンク:terracePRESS | テラスプレス – 報道では見えない事実に光を –
URL:http://jterrace.press/

 テラスプレスはニュースサイトと報じられる割に、おかしな点がいくつもあります。

  1. 検索エンジンへのインデックス登録を避けている、検索エンジン逃れしている
  2. アクセスアップに興味が一切ない
  3. ニュースサイトの割に、一切コンタクトが取れない様になっている

 「検索エンジンに登録されないようにしている」ですが、メタタグでインデックスされないようにしてます。
 この手法は非常に素人臭くて、じつは「設定されていないページが、Googleに拾われている」状態です。

 通常、サイト全体を検索エンジンから逃すためには以下の手法があります。普通にサイト制作会社が「テストサーバーで使用する手法」です。
※クライアントのサイトより、そちらが拾われると困るため

  1. robot.txtにて、検索エンジンを拒否する
  2. WordPress設定ないし.htaccessにて検索エンジンを拒否する

 上記た通常の、検索エンジン拒否対策です。メタタグでいちいち、設定するのは「素人」です。
 立ち上げは「ウェブ制作を多少知っている(?)素人が始めた」と見て、間違いありません。

テラスプレスは最初から、アクセスアップが目的じゃない

 テラスプレスは、検索エンジン拒否設定をしている時点で「アクセスアップが目的ではない」のは明白です。

 したがって「Google Analytics(グーグルのアクセス解析)」や、広告も「入れる必要性がない」のです。なぜなら、それらはアクセスアップ目的で入れるものです。

 この辺の詳しい分析は、自民党発行のネトウヨ冊子情報元、テラスプレスを徹底解析!にてどうぞ。「どこまで調べんねん! 自分、むっちゃみみちいな!」というくらい、詳細に分析してます(笑)

テラスプレスは文章は整えているが、単なる匿名ブログ以下

 テラスブレスの文章は、確かにレベルが高いです。内容はおいておいて。ネトウヨ的なので。

 しかし問い合わせもない、グーグル検索から逃げている。テラスプレス編集部なる、存在するかどうかもわからないもので締めくくる。
 完全に「匿名ブログ以下の怪文書」です。

 「出処、出所のわからない文章」が「怪文書」でしょ? テラスプレスは「出所がわからない文章」です。

 公党である自民党が、このような「怪文書」「怪しさ満点」をなんと! 演説用資料として冊子にまとめました。いや……おかしいやろ、普通に。

自民党が演説用資料として、テラスプレスを冊子にした問題点

 出所がわからない、怪文書と述べました。
 ここにおそらく、対外的な認識と対内的な認識の差異があります。これを察しにした自民党本部(の一部?)は「怪しさを認識できなかった」のです。

 なぜか? 身内だからとしか類推できません。テラスプレスは、参院選用に冊子にすると決まった「身内」のサイトでは? と私は現在、判断してます。

 とすると何が問題か? テラスプレスが非常に「安倍政権礼賛」「野党やマスメディア叩き」の、典型的な「ネトウヨサイト」であることです。

 テラスプレスをまとめた冊子は、おそらく全候補者に配られています。……それって、党幹部以外の判断でできるの? できないでしょ。
 断ずるに、自民党の党幹部内部がすでに「ネトウヨと同じ思想になっている」「少なくとも安倍礼賛に染まっている」わけです。

 これがテラスプレス問題の本質です。

 対外的観点でいえば「テラスプレスは怪しい」のですが、「身内を優先するネトウヨ思想」では「自分たちの主観で、怪しくない。だから怪しくないのだ!」です。
 客観性の欠如こそ、テラスプレス問題のしめす「自民党の問題点」でしょう。

自民党のネトウヨ化が、テラスプレスで表面化してきた

 ネトウヨの思想や考えたかのバカさ加減は、客観性の欠如にあります。「自分たちが信じていれば、それは真実だ」というわけです。

 テラスプレスは、ウェブ的に疑われる要素は”満載”です。しかし客観的には見れない。そもそも候補者に冊子を配る選択は、党幹部しかできない。したがって党幹部の複数人が「テラスプレスを冊子化した」と考えて間違いありません。

 グーグル検索をテラスプレスは、拒否してました。では自民党幹部がなぜ知っていたのか? 身内だからでしょう。

 ネトウヨの特徴の1つが「出所不明のソースを信じ込む」です。自民党もまさに、その状態にあると客観的には判断できます。

 余命三年時事日記(ネトウヨの弁護士大量懲戒請求と、余命三年時事日記の裁判の結末)では、破滅的な結末に終わっております。
 客観からの反撃を受けたのです。余命氏を信じるネトウヨ含めて。

 さて……自民党がその末路を辿らないという保証は、誰もできません。

 似たような事例を上げましょう。あまり知られていませんが、民主党は政権奪取の前の選挙でSNSを立ち上げました。
 規約がフリーダム過ぎて、当時の反民主党のオモチャにされたのです。

 テラスプレスは「多少は」手が込んでますが、所詮素人仕事です。文章以外は。同じ結末にならないと、保証できる人がいたらどうぞ保証してください。

2
コメントを残す

2 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
阿吽

>ネトウヨの特徴の1つが「出所不明のソースを信じ込む」です。自民党もまさに、その状態にあると客観的には判断できます。
>余命三年時事日記(ネトウヨの弁護士大量懲戒請求と、余命三年時事日記の裁判の結末)では、破滅的な結末に終わっております。
>客観からの反撃を受けたのです。余命氏を信じるネトウヨ含めて。

そういえば、進撃の庶民のサイトの名前の元ネタでもある進撃の巨人でも、似たようなエピソードがありましたね・・・・。

主人公のエレンの父親のグリシャ・イェーガーの過去編の話で・・・。

結局、なんやかんやあって、最終的にはそのグリシャの所属していた組織は壊滅、紆余曲折あってグリシャ自身は壁内に入り結婚して子(エレン)をなして、本編につながるわけですが・・。

山田太郎

今回の参院選では自民党が大敗する可能性が有ります。大変な事になりそうです。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民