公的扶助

政治・時事

生活保護は「恥」ではあるが、恥じるべきは誰なのか?

「生活保護を受けるのは恥ずかしい」という感覚を持つ人は多いですが、正当に受給する限り、「恥」ではありません。恥ずべきは、貧困者が増える状況を放置し、さらに扶養照会制度も害あるものにしてしまう政府であり、それを許してしまっている我々国民です。「生活保護=恥」の底にあるもの「生活保護は恥ずかしい」...