政治・時事

小池晃の国会質疑動画と年金問題・マクロ経済スライドのMMT的見解

 現在、小池晃議員(共産党)の年金問題での国会質疑が、話題になってます。 上記の動画は1週間もたたずに、300万回近い再生数です。 なぜこれほど再生されるか? もちろん拡散している人たちの影響も大きいのですが、原因は「国民の年金不安」でしょう。 年金不安で「消えた年金」「老後に20...
政治・時事

国の借金 平成思考から脱せね高齢者の言論は子どもと若者にとって大迷惑

5月28日付愛媛新聞の投書欄「門」の「国の借金返済 真剣に検討を」という投稿を読んだが、内容は私達若者や子ども達にとって大迷惑な内容だった。個人的にはこういう投稿のせいで休みの日が記事を書くことでつぶれてしまうことが迷惑だが、こういう投稿が放置され増税や緊縮財政で子ども達の未来が壊されることはそれ...
現代貨幣理論(MMT)

来たる純粋機械化経済が、主流派経済学の誤ちとMMTの正しさを実証する!

「人工知能を制する者は世界を制す」この書き出しから始まる本、「純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落」(井上智洋氏著)を読んで、このエントリーを書いています。人類は近い将来、人工知能技術の発達(汎用AIの発明)により、『純粋機械化経済』と呼ばれるステージに突入することになる、と言われています。...
経済

日本の失業率の推移とアベノミクスの失敗-データから読み解こう

 最近では「アベノミクスは失敗した」「アベノミクスの実態は?」と、ようやく報道され始めました。 しかしこの報道は、事実と異なります。衝撃的でしょうが、まずアベノミクスといわれた「本来のもの」は、そもそも実行されていません。 したがって「アベノミクスは失敗して当たり前」です。 安倍政権は失業率の低下を、...
政治・時事

通貨発行権を知らなくても、通貨の信認が揺らぐことはない

『浜矩子「財政赤字容認論『MMT』、通貨の大量発行政策は理解できない」』(AERA.dot)“紫ババァ”の愛称で有名な浜氏がMMT批判の狼煙を上げました。詳細は上記URLをご覧いただくとして、彼女には、MMTの「M」が、「まともじゃない」とか「mad」、「盲点」のMに見えるそうです...
経済

物価とは~物価を見つめる二つの視点とインフレの意義

物価とは、モノやサービスの価格のことを言いますが、この物価というもの、あるいは概念を見るには、大きく分けて二つの視点が必要です。 一つは消費者側の視点。モノやサービスを買う側の視点です。買う側にとっては、物価は安い方がいいですよね。 もう一つは生産者(販売者)側の視点。モノやサービスを売る側の視点です。売る側に...
2019.06.16 16:59
小説・漫画・書評

ラドヤード・キプリングの海山物語 「偉大なるストーキー」その2|捕らえられた学生たち

『海山物語』(ラドヤード・キプリング著 マクミラン発行 1923年初版 1951年再編集版)底本 Land and Sea Tales for Scouts and Guides by Rudyard Kipling MACMILLAN AND CO.,LIMITED 1951 (First Editi...
経済

外国人留学生の起業促進?日本人が起業できる経済環境と景気が先

 外国人留学生の起業促進=在留資格切り替え可能に-特区諮問会議(時事通信) - Yahoo!ニュースというニュースが報じられました。 このニュースは簡単にいえば「日本人が起業しないので、外国人留学生に起業させよう」です。 政府は相当に、頭が悪いでしょう。 日本には「日本人は起業のリスクを恐れて...
政治・時事

googleさんは、ブログ記事タイトルが大好物

本日の記事は、新サイト投稿の練習も兼ねて、進撃メンバーへの内輪記事となりますので、以前と同じ形式で書くことにします。ヤン様が新サイトでの記事投稿に関して、非常に重要な記事を幾つも書いてくださっております。 進撃メンバーで、まだご覧になられていない方は、是非ともご一読を。政経ブログ育成-コンテ...
2019.06.15 02:18
政治・時事

条例で日本人を差別する岡山県!外国人留学生は後楽園など県立公園が無料!岡山市も追随か?

公立の公園は地元の人たちの憩いの場になっています。 日本三大名園の1つである水戸の偕楽園が、現在無料の入園料を県外客のみ有料化するという報道がありました。(園内の一部施設は今でも有料です)水戸偕楽園 県外客のみ有料化へ(TBS)  日本三名園の一つ水戸市の偕楽園について、茨城県が今年秋以降、県外から訪れた...
政治・時事

平成の大合併とは何だったのか このコラムから改めて考える大阪都構想

堺市の市長選において、維新の候補者が当選した。かなり接戦だったとの事だが、まぁ負けは負け。これで、維新の掲げる「大阪都構想」とやらが、大きく前進することになる。なんともウンザリする話である。さてツイッターで一時話題になった、かくゆう私もそれで知ったのだが、なんでも関西のTV番組において、「...
政治・時事

西部邁の死と大衆社会批判を包み込む優しいゴムの壁

 西部邁さんの死に関しては、ほとんど死人に石を投げつけるような感想しか出てこないので書くのをやめようかとも思ったのですが、もうどうしようもないし、これからもうこの辺の界隈から「人でなし」と罵られ総スカンを食らって追放されてでも、どうしても書きたいと思ったのでぶっちゃけた話を書きます。 というのも、Tw...
経済

韓国経済がボロボロ!?日本はどうだ

でかいことは正義なのか。国力に関しては確実にそれは正しい。慢心しない心を身につければ最強である。韓国経済が最悪下記の動画のサムネイル、ネトウヨが喜びそうな内容である。韓国が行っている経済政策が今やるべきことではないことを現実が示しているという内容だった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が...
経済

デフレ下での消費税増税は安全保障を低下させるパラドックス

 本稿では「消費税増税をすると、安全保障は低下する!」という、衝撃の結論から入りたいと思います。 衝撃的といいましたが、常識的に経済を考えれば、誰でも行き着く結論でもあります。 一般的には「税収から軍事予算が出ている」とイメージされる方が多いでしょう。つまり「税金は重たいけど、安全保障のためには仕方が...
小説・漫画・書評

藤井聡氏新著『令和日本・再生計画: 前内閣官房参与の救国の提言』は日本国民必読の書

第一章では、今までの藤井氏の本では知ることが出来なかった、内閣官房参与着任までの経緯や、参与の仕事内容、参与辞任理由などが書かれてあり、お得感満載。第二章の『安倍内閣の政策を「検証」する』では、グラフを活用しながら、安倍内閣が民主党政権時よりも徹底的な緊縮内閣であること、電力自由化、移民自由化、水...
2019.06.10 08:51