安倍再登板説を発しているのは安倍晋三氏本人からだったという笑えない話。

この記事は約3分で読めます。

残念ながら、その丸太は役に立つどころか自らの命を縮める道具になってしまう・・かもしれない(彼岸島)

最近級に喧しく言われてきた、安倍晋三待望論であるが、スガ首相が誕生した当初とは違い、下記の記事によれば、安倍首相や園周辺から発信されているということらしい。そうであれば、実に、幼稚な考え方を持っている人なんだなぁ、と改めて思ってしまう次第である。自分が政権を投げ出したからこそのすが政権であり、それが、歓迎されて再登板するなどというストーリを描いてそれを誘導していこうなんて考えるのは、不器用なスガに比べて、喋りで国民を騙せると言う技においては、まったくレベルの違う人間だからだろう。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

タイトルでは不気味としているが、当人にとっては、夏休みの宿題を全く手を付けていないのに、やったよ!と自信満々にいうだけの面の皮の厚さにおいては、60年ぐらいの年季を発揮しているとしか言いようがないのである。しかし、未だに、秋波を送り続けている自称保守派、いや、暴動においても保守派と言われているが、保守しそうとか保守主義とかとは基本的に何も関係がない政治家である。たしかに、たしかに、コミュニケーションの受け側としての印象は、スガに比べて100倍ぐらいは良いように見えるが、その実派、強いものに巻かれるだけの日和見な政治を行う。

その結果行われたのが、外国人低賃金労働者の輸入であったり、消費税を5%から10%まで税率を倍にしながら、法人税の引き下げを行い、経営の中身にはほとんど関心のない外資ファンドに日本の会社を食い物にするような、売国的規制緩和を贈り続けてきたのだ。しかし、そのこに対しては、いいことをやっている感、やった感を印象づけることそしてそれによって人をたらしこむことに対しては、なかなか右に出る者がいないという人間である。実際に話した人間にとっては、そのやっている感、やりそうな感覚は半端ないという話である。しかもそのあった人にとっての最善策をいかにもやっている努力をしているということをペラペラと喋ってしまうのだ。実は自分自身をそう思い込ませることで、事実と関係ないことについても、嘘をついているという感覚なしに話をしている可能性はある。

政治家として取りべき責任というものについては、最も大切なものであると口では言い続けているが、責任をとってなにかしたことはまったくない。このポリシーが死ぬまでに変わることはおそらくないだろう。認識できていないものを修正することは、基本的にありえないのである。このことは、今の今においても変わるものではない。そして、妙に期待している人間(保守派)が多いという事実もある。たらしこまれた人間は、いつまでも得られない餌の「やっている感」による幻覚を見ながら、再登板を待ち焦がれているのである。当然そんな再登板は、無理やりやろうとして失敗が確定している東京五輪を中止する他民具で訪れるスガ首相の辞任後だったりするのだろうか。そして、一度は逃したオリンピック開催の栄誉だけを頂いた上で、他のことについては、スガ政権以上にきっちりと売国を行うという同しようもない政治が待ち受けている。しかも、それに声援を送ってしまうという連中が多く現れる社会破壊状況をもたらしながら。ただでさえ経済復興が大変な時期において、その復興がさらに遠のく状況が迫ってきてしまっている・・。

Subscribe
更新通知を受け取る »

1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
雷蔵ファン
1 年 前

安倍自身が「不起訴不当」の判断を受けて再登板は無理だと認識し始めたせいか、急に高市早苗が総裁候補に挙がつて来ましたね。
安倍が似非保守の稲田から鞍替へした模様です。安倍の言ひなりになるとの見込みでせう。ところがどつこい、高市は藤井聡との対談で積極財政を支持してをります。細田派が高市を担いだら、不定見の議員どもは雪崩を打つて泥舟の菅から乗り換へて来る可能性もあるでせう。
高市はTPPにも反対してゐたし対中韓強硬派ですから、馬鹿の集団・自民党の中では、比較的ましなのではないかと思ひます。ブレーンから竹中やアトキンソンを外して藤井を軸に据ゑれば、こと経済に関してはまともな政策が実行出来るのではありませんか。小生は密かに期待してをります。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民
1
0
Would love your thoughts, please comment.x