安倍晋三よ、直ちに消費税廃止・給付金支給に動け!!

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
『人力で非効率で無駄な作業が多過ぎる職場ばかり』
 
河合は様々な職場で働いてきたが、何処の仕事も無駄があまりに多過ぎる。
例えば、横浜のコンテナ倉庫の積荷を下ろす仕事もしたことがあるが、その仕分け等もいちいち人力である。
また、原紙からダンボールを製造する工場で働いた時も、ダンボールも人力頼りである。
企業が機械を購入する金がないからだ。
やはり、平成時代の厳しい不況は日本企業から活力を奪いまくっていたとしか言えない。
 
例えば、ダンボール工場では数千万円・億円単位の設備を購入するのに、お金がかかり過ぎるから人力頼りになったり、質の悪いダンボールで我慢せざるを得なくなったりしていた。
社長達は、ダンボールの原紙の消費増税の値上げに悲鳴を挙げていた。
客の企業からはダンボールの質は上げろ、ダンボールの値段は安くしろと無理難題を言われ、原紙業者からは消費税を理由に価格を引き上げられるわで泣き面に蜂である。
客の企業側も、原始業者側も、消費税の影響を受けているから、どの企業も要求が過酷になり、ギリギリのギスギスした交渉になっていたようだ。
 
 
 
上記のような職場はほんの一例に過ぎないが、他にもやはり様々な共通の問題点が見つかった。
先ず、企業の土地代があまりに高過ぎて大変と言うことである。
ダンボール工場で働いている時は、会社の人達がダンボールの置き場所があまりに狭くギリギリなことを嘆いていたが、土地代自体が高過ぎるという問題であった。
しかし、ダンボール工場では死亡事故もあるのだが、重い原紙やダンボールが狭く密集しており、落下するリスクがあり、安全性にも問題があったのだが、コストカットの為にギリギリの土地を使用するしかない。
河合自身も何度も危険だろと何度も思ってきた。
 
しかし、上記の問題点は企業、特に中小企業にかかる固定資産税を低減させ、消費税を廃止すれば良いのだ。
また、設備投資を積極的にする企業には減税すれば良い。
 
企業活動を活発にする政策として、法人税を減税すべきという主張する者も多い。
しかし、法人税減税はグローバル大企業に有利になりやすい。
完全否定するわけではないが、先ずは他の税金から減らす方が優先順位的に先だと思う。
 
 
 
『安倍政権の対コロナ経済政策の間違いについて』
 
安倍政権の対コロナ経済政策で一世帯あたり30万円と決定したが、ツッコミどころが多過ぎる。
先ず、支給対象は前年と比較して収入が現象した世帯だとかだそうだが、支給資格があまりに厳格過ぎるそうだ。
微妙なラインで線引きをすれば、支給された世帯と支給されなかった世帯で摩擦が生まれ、不平不満が爆発するだろう。
また、感染拡大の中、役所に対象者が来たら感染拡大に繋がりかねない。
何より、大きく損害を受けた者には足りなさ過ぎるし、コロナ被害を受けながらも厳しい条件で、もらえなかった者は不満を持つだろう。
 
河合は国民に遍く広く補償する為には、
一、消費税廃止
二、一律一人当たり10万円支給
を迅速にすべきである。
細かな助成金の額は後で細かく支給すれば良い。
 
また、個々の経営者や自営業者にはその後にコロナ被害の助成金を給付し、内定を取り消された学生、バイト先から切り捨てられて学費が稼げなくなった学生等を就職先の提供や助成金や奨学金で支援すれば良い。
 
 
 
『安倍のバラマキは狂ったバラマキ!!
安倍友や海外にばら撒く無駄金があるなら、今回の非常時くらいは国民にばら撒き、消費税廃止と国民全員に10〜20万円給付せよ!!
安倍晋三よ、さすれば貴様のモリカケ桜河井の金銭バラマキ犯罪を、武士の情けで許してしんぜようぞ!!』
 
バラマキにも正しいバラマキと狂ったバラマキがある。
前者のバラマキは田中角栄ら戦後〜バブル崩壊前までの歴代総理大臣がしていた正しいバラマキである。
一方、後者のバラマキは安倍晋三らバブル崩壊以降の多くの総理が実行した狂ったバラマキである。
 
田中角栄も安倍晋三も、ロッキード事件とアッキード(森友加計)事件・桜の会事件・川井夫妻事件という、金銭バラマキ犯罪という共通点がある。
だから、田中と安倍は同類と感じる者がいるが、二人の共通点は数千万円や数億円単位の金銭バラマキ問題のみ。
 
二人の相違点は、国民や海外への国家財政規模の兆単位でのバラマキで全く違う。
田中は、国民にも兆単位の金額を惜しげなく投入した。
一方の安倍は、海外には兆単位のバラマキをするのに、日本国民には兆単位のバラマキを惜しむ。
安倍友には数千万円・数億円のバラマキ学園設置、バラマキ桜の会をしながら、日本国民には消費税廃止や一人当たりたった10〜20万円のバラマキを惜しむ。
 
ツイッターでは馬鹿な安倍信者が、一般の庶民や給付金を要求する人達に対し、「乞食」「貧乏人」などと狂ったように罵っていた。
しかし、庶民は一人当たりたった10〜20万円を要求しているに過ぎないのに、彼ら安倍信者が安倍の数千万円以上の横領に対しては見て見ぬふりをするのは筋が通らない。
安倍は、安倍友の河井夫妻の多額の選挙資金違反に、自民党の資金1億5000万円を振り込んだが、おそらく官房機密費が原資だろう。
安倍信者は、安倍友や海外への膨大なバラマキには目を瞑る癖に、日本国民へのバラマキには狂ったように批判するダブルスタンダードを反省せよ!!
 
安倍晋三はモリカケ桜河井と沢山の金銭バラマキ犯罪を犯してきた。
しかし、仮に安倍自身が過去の自らの犯罪を猛省し、田中角栄同様に日本国民にもバラマキを実行して、消費税廃止・給付金支給等を実行すると180度経済方針をコペルニクス的に展開するのであれば、今までの安倍自身の政治犯罪を武士の情けで許してしんぜよう!!
安倍晋三よ!!
直ちに、消費税廃止、給付金支給に動け!!

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民