安倍支持で生き恥をさらす日本国民

この記事は約4分で読めます。

安倍晋三に救世主になってほしいか

安倍が国難であるという言葉がはやったことがあったが、のど元過ぎれば熱さ忘れるのである。猛毒を食べたに等しいそんなことがあったことも忘れて、昨年の売国法案成立祭りの後その施行が4月だの5月だの10月だのに迫りつつある今日この頃、追い打ちをかけるように統計偽装事件が国会であきらかになる。そんなことは些細なことである、と、統計から現状を知って政策を考えるべきマクロ経済学の重鎮である内閣参与の老経済学名誉教授も宣っているらしい。

直近では、沖縄の辺野古移転の反対票が県民有権者4分の一を超えても、真摯に受け止めるという言葉だけで、まったく無視をするような、国民との対話をやめてしまった保身の首相周辺がそのまま温存され、国益を棄損し続けることをやめない様子が国会中継などでも明らかになり続けている。

しかし、負担の生活には影響がないと見えて、自分には関係ないや、と決め込んでいるのが多くの日本国民の姿であろう。

事実を「真摯に」見るだけでも、これまで先祖たちが気付き上げてきた日本国という盤石と思われた国家の土台がガラガラと突きくづされていることが分かるはずである。生活には関係ないと決め込んでいることは、そんな重大なことをそういう気が付けないことになる。そんな自分の態度にどう感じるだろう。

真摯に受け止め、完全かつ確実に無視いたします。気力・体力・原子力 そして 政治経済

いうことなすこと事実と真逆であることが普通になっている安倍首相。そんな子供の手本には絶対にしたくない人物かろくに責められもせず安閑と首相の座にいて、この先も自分の身柄だけを大事にして国民の富を奪い続けることに気が付かないのは、すでに日本人の業か何かだと言いたげな記事である。そこまで気が付かないふりをするのは日本人はとんでもない天罰を下されたいという願望に無意識に駆られているのかもしれない。気が付いている人にはそれは大変に感情的にも動揺するものであるが、ある意味諦観の境地に至ってしまうのがいいのかどうか。当方はまだあきらめきれないのである。

平成の初めはまだこんなCMが素直に楽しめる余裕もあった。

幸せな生活安倍を壊すと失われる気がする

貴方の家が崖の上に立っているとして、その地盤が地下水などで浸食され、表面上はしっかりした地面に見えるのであるが、地中を見ればぼろぼろで、草でおおわれているからそのひずみはパッと見え見えない。しかし、最近家の周りの土が少し歩いただけで妙に沈みこむような気がするが、見た目は変なことにはなっていないし、崖の上ゆえの見晴らしの良いところに住んでいることに満足している‥。そんな感じだろうか。

こんな状態をどのように評価するのか。

見た目が大丈夫そうだから、まあいいか。

それでも日に日に家が傾きつつあることも、家の中をよく観察しているとそろそろごまかしきれない。日々の生活の中でも意識がなくても違和感を感じつつあるが、意識的に無視することはできそうな状況である。

それでも、何も起こらないからそのまま放置して、現在の状況を是認する行動に出るのだろうか。

しかし足元はすでに軟弱で修復するのに相当の努力が要る状況

すでに世界からもこれまでのバカ正直ともいえる誠実な態度は影を潜め、都合が悪いことは嘘をつき、しかもそれを指摘されても修正することなく開き直る。ある意味国民のことよりは、支配層のことを最優先するというよくあるの国のようになってしまったことであろう。

国家をまじめに復興させたり成長させようとするときには、特に調子が悪い時には、政府による丁寧な経済政策が必要なものである。それは、効果があるかをしっかり図り、効果が出始めてもすぐやめるのではなくて、しばらくその政策を続けて安定成長の土台を固める。そのような中長期的な視点でことに対応することが必要であるが、そんな原理原則を無視して、見た目だけが上手くいっていることとに甘え、守銭奴でしかない支配層に近い資本家などにカネを回すことにまい進してしまうことを、許してしまうことは、復興や成長への道を遠ざけるだけにしかならない。

生き恥をさらすことをいつやめるのか

それが一時の留飲を下げることとなろうが、その後の未来とは何の関係もない。事実からくる警告を、意識的に無視して現在の享楽を楽しむことがいかに危険なことなのかを今一度考える必要があるだろう。その施策の後に得られるだろう現実を直視する勇気は、決して無駄なものではない。今よりも考えることが重くて苦しいところがあるにせよ、それでも、何かに怯えて楽しいふりをするよりは健全な精神で生きることができるに違いない。

昭和の末期に感じていた世の中の理不尽さは目に見えてそれで直視して悩んでそれで何とかなると思えるものでもあった。今の理不尽さは、見ないことが空気であり、理不尽だといってはいけないという理不尽さがあって、正常なふりをすると精神がねじ曲がりそうになる。

2
コメントを残す

2 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
行動するカルト保守

俺の部屋を盗聴してるお知らせか?基地外。
✖すぞ五木ぶり

斑存・フォード

危機突破内閣なのか
危機突貫内閣なのか
危機創生内閣なのか
どんどん複雑に積み重成っていくばかりで収拾つかなくしている。

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民