googleさんは、ブログ記事タイトルが大好物

この記事は約4分で読めます。

本日の記事は、新サイト投稿の練習も兼ねて、進撃メンバーへの内輪記事となりますので、以前と同じ形式で書くことにします。

ヤン様が新サイトでの記事投稿に関して、非常に重要な記事を幾つも書いてくださっております。
進撃メンバーで、まだご覧になられていない方は、是非ともご一読を。

政経ブログ育成-コンテンツSEOとE-A-Tを理解した文章とは – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

SEOを有利にするブログ記事の書き方-読みやすい文章とは? – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

20歳の自分に受けさせたい文章講義-古賀史健のレビューと政治ブログ – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

政経ブログのアクセスアップ・SEO戦略論 その記事読者に読まれてる? – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

ブログ検索エンジン的書き方(SEO)としては、どういう書き方がいいの?タイトルと本文についてキーワード上位を取っているので書いてみる – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

政治経済ブログとアマゾンアソシエイトの相性抜群 グーグルアドセンスと比較 – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

ブロガー必須なchrome拡張機能や写真素材・キーワードやその他ツール – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

WordPress5のエディタ、Gutenberg(グーテンベルク)使い方マニュアル – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

進撃の庶民アクセスアップ計画-5月の進捗と記事タイトルの重要性 – 進撃の庶民

旧・進撃サイトがそうであったように、進撃参加ブロガーのほとんどの方がamebloを利用されていらっしゃいますが、そこでは、どうやらgoogle検索にヒットする率が悪いらしく、新規参入者の流入数が非常に限られたものとなっているようです。

そこで進撃代表のヤン様が打ち出された方針が、

googleからの検索流入者を意識したブログ運営、ブログ記事を書いていこう!

というものです。

ヤン様の上記の記事群に刺激されて、ここ最近、「ブログの書き方」「アクセスの稼ぎ方」に関する本を読んでみました。

しかし、 それらの本を読まずとも、 上に貼ったヤン様の記事群を読めば充分であることがわかりました(さすが、ヤン様)。

私がこれらを勉強してみて、「google検索相手には一番重要だな」と思ったのが、

”ブログ記事のタイトルに拘る”

という点です。

考えてみれば当然で、どんなに素晴らしい記事を書こうとも、google検索に引っ掛からなければ、極少数の方にしか読まれません。あくまで「google検索に引っ掛かってもらう」ことが大前提です。

ということで、「ブログ記事のタイトルの付け方」について、ここで皆様と一緒に、ヤン様ブログから学びたいと思います( 実践的なタイトル記事の付け方、見出しの付け方は、ヤン様ブログの日々の記事や進撃での寄稿コラムを参考にするのが一番有効かと思います) 。

1. おおよそ30文字(41文字以上はよろしくない、グーグルの表示が最大41文字)
2. キーワードx3かx2は入れること。ポピュラーなキーワードがベター
3. 記事内容に沿っていること

政経ブログのアクセスアップ・SEO戦略論 その記事読者に読まれてる? – 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE

ヤン様がご提示された、1~3は是非とも、頭の中に叩き込んでおきたいところ(適当に朝刊進撃のタイトルを付けていた私こそが一番意識しないといけないんですが 笑)

そして、私が今回一番、言いたい事は、

google検索の為にブログ記事のタイトルに拘るということは、皆様ご自身の記事を価値あるものとして、半永久的に残すことを目指すものである、という点です。

今までは、アクセス稼ぎの為に頻繁に更新していたものの、それに伴って、今まで書いていた記事がどんどん奥へと押し込められ、挙げ句の果てに、それらの過去記事へのアクセスがほとんどゼロという、なんとも無駄な作業に囚われていました。

しかしながら、「google検索を相手にする」ということは、記事がどんどん奥へと押し込まれたように見えようとも、それらの記事(良質なタイトルと良質な記事内容ならば、という前提条件がつきますが)は、「常にgoogle検索からの閲覧の可能性がある」ということです。

上記の話は、google検索に弱いamebloではない、ここ進撃新サイトでの話となりますが、各記事に投稿者のブログリンクが貼られていることによって、進撃参加ブロガーへの流入も同時に見込まれます。

進撃新サイトを利用しない手はない^^v


ここで、進撃参加メンバーの皆様に、一つご提案があります。

皆様の過去記事には、そのまま埋もれてしまうには、あまりにももったいない良質の記事が多数あります。

ヤン様ブログを参考にしながら、 それらの記事群を各自、タイトル変更、見出し付けなどの改善をした後に、ここ、進撃新サイトにて再度公開し、google検索でヒットすることを目指すのはいかがでしょうか?

記事は読まれてナンボ。皆様の言論を一人でも多くの日本人に知っていただくことが、ネオリベ・グローバリストの安倍自民党打倒に繋がります!

1
コメントを残す

1Comment threads
0Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
1Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

 いいですね。寄稿者の方たちが、「これは読んでほしい!」という記事を、リライト(修正と手直し)して再掲というのはありだと思います。
 記事ネタに困ったときに、ぜひとも活用したい手段です。
※もう私、記事ネタにはしょっちゅう困ってます(笑)

 私も重要なので2度いいます。
「タイトルはマジで大事です」
「タイトルは記事の顔、看板です」

当ブログは2019年5月に移転しました。旧進撃の庶民