逆イールド

現代貨幣理論(MMT)

アメリカで発生した逆イールドが金融不安定性を高め景気後退に突入か

アメリカ連邦政府が発行している国債の2年物利回りが10年物利回りを上回り、いわゆる逆イールドが発生しました。 逆イールドは景気後退の予兆であり、金融不安定性の高まりの原因だとするならば、FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)は逆イールドを解消するべきです。