為替介入

政治・時事

円安のメリットとは、製造業の国内回帰と外国人労働者の離反なのです

経常収支の黒字幅縮小と日米の長期金利差を原因とする円安が今年になってから進行して、悪い円安という言葉がニュースを騒がせる事態になっております。 本日は円安のメリットに関して基本的なところを説明できればと思います。
現代貨幣理論(MMT)

為替レート急変に対する防衛術。為替介入の実務を研究する必要がある

現代貨幣理論に対して「政府支出が増えたら、輸入が増えるもしくは通貨の信認が揺らぎ、為替レートが急落してインフレになる」という批判がなされることがございます。 為替レート急変に対する防衛術と題して、主に為替介入の実務について解説できればと思います。