新企画?!特定キーワードの記事を募集

「コロナ ○○」というキーワードで記事を書いてみよう

進撃の庶民でまだ、記事を書いたことがない方も気軽にチャレンジ!
初めての寄稿の場合、連絡・問い合わせフォームからまずは連絡ください。

政治・時事

コロナでの対応で見えるのは、政府が日本が物が作れないスカスカな国にし続けるかどうかの姿勢

説明なしにシャケ丸ごと一匹がドアノブにかけられていたら不審がられるに決まっている。少なくともそういうノリであること、悪気はなくて、よい贈り物だと理解してもらえる間柄でなければならないだろう。(波よ聞いてくれ)連日のコロナ災禍に対する報道は、病気としてのコロナについての話題が多い。当然、命や健康にかかわ...
小説・漫画・書評

鬼滅の刃ブームはなぜ起こったのか?道徳vs不道徳がキーワード?!

 「時代のブーム」を分析すると、今の時代がどのように人々に受け止められているかわかります。 時代の空気を読むのに役に立つのがブームの分析。 特に小説やマンガ、アニメの大ヒット作に時代の空気を表わしている作品が多くあります。今回は時代の空気を知るため、大ブームである鬼滅の刃を分析します。鬼滅の刃...
政治・時事

アイドル新党なでしこ! 第64話 大阪ダブル選挙 前編

あとがき(原作担当 遠藤万次郎) 今回は2015年の大阪における、ダブル選挙(大阪府知事選挙、大阪市長選挙)のお話の前編です。表題の方はもう少し工夫を試みたのですが、「大阪秋の陣」も「大阪頂上決戦」もしっくりとこず、結局そのまま「大阪ダブル選挙」しかありませんでした。この作品ではリアリティを出すべく、...
体験談・活動レビュー・雑記

ムダをけずれ!という生産性向上研修のムダ|けずるほどに国家の生産性は落ちる

Gerd AltmannによるPixabayからの画像生産性向上!の掛け声がビジネス界を席巻し、それをテーマにした研修なども数多く実施されているようです。政府もデジタル化推進でそれを大いに後押ししていますが、政府支出が拡大しなければ絵に描いた餅。それどころか、国家としての生産性は逆に下落するでしょう。実体験を...
政治・時事

ファイザーが新型コロナウイルスのワクチンを開発したと発表。本当か

アメリカの大手製薬会社であるファイザーが新型コロナウイルスのワクチンを開発したとのことです。 ファイザーが主張しているだけで、アメリカ以外の研究機関や第三者機関がその有効性を立証したわけではないので、信用するべきではないと思います。
政治・時事

改革の正当化のために国民を守る治水対策の足を引っ張る菅総理

地球温暖化による豪雨災害の激甚化に対応するために国交省は河川管理者だけでなく、自治体、住民、企業、農業者など流域の地域全体で治水に取り組む「流域治水」の取り組みをスタートさせている。この流域治水では農工業用水の確保や発電などに使われている利水ダムを大雨の際に治水に活用することが大きな柱となっている。菅...
政治・時事

日本の衰退は日本国民のやっていることの結果である。外国になんとかしてもらうことは出来ないのだ。

きりんさんといえばきりんさんなんだろう。体が細くて背が高いところだろうか。見ている子供はその言葉よりはその動きが楽しいというところに関心があり、大人の「どこにキリン要素が?」というツッコミは結局は意味を成さないのである。(波よ聞いてくれ)連日暑い日が続き、エアコンのお世話になることが多い。というかエア...
外交・国際情勢

中国主導のRCEPに見る経済支配を広げる中国の戦略

 RCEPが15カ国で署名されたと報道されました。詳しい内容についてはこれから出てくるでしょう。 しかし1つだけ確実に言えることがあります。RCEPは中国主導であり、日本が対抗するなどお話にならないということ。 もっと踏み込んで言えば、中国が経済支配を広げる次なるステップがRCEPです。 なぜ...
政治・時事

時代の変化~幼稚な財源論からの脱却を‼

“お金はあってもモノが買えない時代”、“モノは溢れているのにお金がなくて買えない時代”…。貧困問題や経済問題の話になると、日本人はこの両極端な状況を持ち出し、それを比較の物差しにしがちです。緊縮財政に端を発する平成・令和デフレ不況を批判すると、現状容認派のバカから返ってくる、「いまの不況が大変...
政治・時事

共同体意識の復活|天皇を基軸とする国民意識を醸成しよう

かつての共同体意識/国民意識の体現者とも言える乃木希典乃木将軍が親を亡くした辻占売りの少年に私財の金二円を渡す様子 Emonue新自由主義の猛威、行き過ぎた個人主義への反動から、共同体意識の復活~強化を求める言説が見られます。共同体意識の弱体化は国民が望んだこと。その一方で現在の様々な危機を克服するには、天皇...
外交・国際情勢

アメリカ大統領選挙の直前予想。トランプとバイデンは法廷闘争で決着

私個人としては、トランプ大統領が当選しますが、当選確定には時間が掛かり、法廷闘争にまで進むと見ています。 現時点においては、バイデンがトランプ大統領を世論調査でリードしているようですが、前回(2016年)の大統領選挙では世論調査で劣勢だったトランプが大統領になるという波乱がありました。
政治・時事

安倍政権の終焉は次へのステップの始まりである。しかしまだスタートラインすら遠いことも確かである。

安倍政権に生きがいを感じていた人(端的に言えば、アベウヨやアベガーしか言わないパヨク)は、安倍ロスに襲われていることだろう。しかしそれは、現実をいかに見ないで安倍に夢中であったか現実は相当悪い状況にあることをまず知ることから始めなければならない。安倍首相は辞意を示したが、すぐにやめるわけではない。自民...
現代貨幣理論(MMT)

MMTで日本が経済成長!MMTが与えるインパクトを解説

 日本の政治状況はわりと絶望的です。特に経済政策では失われた20年を反省せず、総括もせずにただひたすら「改革! 緊縮財政!」の嵐です。 この嵐、ひどくなることはあっても止むことはない見通し。そんなひどい状況だからこそ、MMTという理論に希望の光を見つけることが必要です。MMTで何ができるか...
政治・時事

コロナ倒産が増加確実な情勢。持続化給付金の制度を改善して継続せよ

新型コロナウイルス関連倒産業種のトップ3は、飲食業界、ホテル・旅館、アパレル小売店なのだそうです。 しんぶん赤旗がこの財務省の暴論に激怒しており、新型コロナウイルスの感染拡大が長期化して、経営困難になる中小零細企業の実態を無視するものだと非難しています。
政治・時事

詐欺師は初めから「お前を騙す 」とは言わない 菅総理の「国民のために働く」に騙されてはならない

菅内閣の支持率は報道各社の調査で60%~70%台という高い水準となっている。「国民のために働く内閣」というキャッチフレーズのもと、携帯電話料金値下げなどの国民にとって身近な政策を掲げていることが高く評価されているようだ。詐欺師は最初から「お前を騙す」とは言わない 政治家は最初から「国民を苦しめる」とは...