新企画?!特定キーワードの記事を募集

「菅総理 ○○」というキーワードで記事を書いてみよう

進撃の庶民でまだ、記事を書いたことがない方も気軽にチャレンジ!
初めての寄稿の場合、連絡・問い合わせフォームからまずは連絡ください。

経済

『ザ・ロスチャイルド』(林千勝氏)~国際金融資本の興隆とその手法

林千勝氏の新著『ザ・ロスチャイルド』を読みました。国際金融資本の代表と言うべき、ロスチャイルド家。18世紀から20世紀初めまで、彼らの興隆と術策の歴史をつづった本です。(続巻が予定されているようです)今回はその第1、2章を参考に、彼らのやり口を紹介してみたいと思います。JPモルガン、ゴールドマ...
経済

副業を大々的に認めることは労働者に対する責任を回避する方向にしか進まない。

自分が昔言ったことと矛盾したことを言っていることはよくあることではあるが、それを一方的に避難することは容易い。そんなことは誰にでもできるが、一歩進めて、それぞれのときに考えていたこと感じていたことその時の環境をなどを振り返ってみると色々発見できるかもしれない。(美味しんぼ)菅首相のの自助という言葉に対...
経済

今さら聞けない!消費税で逆累進性が高まる理由とは?

 先日、以下のツイートをしたところ大きな反響がありました。消費税はなぜ逆累進性が高いのか?答え:年収1億円の人の生活費が1億円じゃないから年収1億円(生活費1000万円)の人が払う消費税は100万円。年収比で100分の1。年収200万円(生活費200万円)の人が払う消費税は20万円。年収比...
政治・時事

バラマキこそ最良の政策

毎日毎日、コロナの話ばかりでうんざりしていませんか?TVをつけると、玉川や加藤、恵、宮根、坂上ら、顔を見るだけで吐き気を催すアジテーターが、朝から晩まで“感染爆発だ~、飲食店が~、BBQが~、人流が~、医療崩壊が~、オリンピック中止だ~、ワクチンが~、副反応が~、小池が~、吉村が~”と同じセリフを繰り返し、暇...
政治・時事

新型コロナウイルスを「正しく恐れる」素人と専門家の情報格差その1

西村秀一はPCR検査の不正確性と実物的限界(医療キャパシティ)があるのだから、PCR検査推進論への疑義を呈しております。 西村秀一は横浜クルーズ船の空調を把握して「接触感染」ではなく「空気感染」だと考えたそうです。
2021.06.04 00:48
政治・時事

間違った貨幣観に基づく間違った財政運営というコロナ対策失敗の原因を改められない政府を放置すれば、国民はコロナ後もコロナ以上の人命の危険にさらされ続ける

我が国では新型コロナウイルスの影響が長期化し、医療逼迫などの感染症の直接的被害および、経済被害による自殺や生活困窮など被害が深刻化している。このような事態は、コロナ第1波の教訓を検証して次に生かすことをしなかった政府の姿勢が招いたといわざるを得ない。繰り返された入国規制の遅れコロナ第1波は出入国規制の...
政治・時事

コロナ禍のインバウンドの脆弱性と日本人が国内旅行できる国作り

 先日、ふとTwitterに投稿しました。インバウンド頼りがなぜ問題か?①日本はそもそも内需立国で内需8割②外需は国際情勢などによって大きく左右される③外需の決定に日本は主権を持たない④よって、外需頼りは経済安全保障上、重大な問題がある⑤日本国民が国内旅行を楽しめる国作りこそ必要コロナ禍で...
政治・時事

ナショナリズムはグローバリズムの害を超えられるか

グローバリズムの弊害が露わになり、その対抗馬であるナショナリズムが見直されています。我が国において、ナショナリズムによるグローバリズム克服は可能でしょうか。わかりやすく考えてみます。ナショナリズムとグローバリズムグローバリズムの行き過ぎ、弊害が露わになると共に、ナショナリズムに注目が集まってい...
政治・時事

コロナ軽視という無責任な言論を放置しない真摯な姿勢こそ全ての人に必要

 コロナ禍も一年以上経つと、この新型サーズへの最善の処方箋は『封じ込め戦略』であった事は、真っ当な知性を持つ庶民の皆様には明々白々だと存じます。現実をしっかり見据える『常識』さえ持ち合わせれば(=私の考える保守思想)世の中を大きく見間違う事はないのです。もちろん、コロナ封じ込めに成功した国は僅かなのは、私も承知してい...
政治・時事

藤井聡さんへ最終勧告!コロナに関してはホンマ黙っといてください!『コロナ軽視論は財政破綻論の変異株だ!』

「コロナに関しては、もはや逆神と化した藤井聡さんですがプラグマティズムの作法を知っていれば、こんな間違いは繰り返さないと思うのですが?」『これ以上、放置できない!』 藤井聡さんの言論活動を長年に渡って支持してきた私にとっては断腸の思いですが、コロナに関して暴走と妄想を続ける藤井聡さんを放置する...
経済

財政健全化の必要性-PB黒字化した国は1割?負債4倍で金利低迷?

 財政健全化の必要性はあるかないか? 結論から言えば、日本に財政健全化の必要性はありません。その理由について簡単に解説するとともに、押さえておきたいデータについて紹介します。 たとえば、プライマリーバランス黒字化を実際に成し遂げている国は、世界183カ国中どれくらいあると思いますか? 即答できたらすご...
政治・時事

日本経済低迷の元凶は、所得不足による消費力の減退に決まってるだろ!

経済問題を語る際に、脳内がいまだに産業革命前とか高度成長期以前で止まったままの人っていますよね。その最たるものが「常に供給サイドから経済を語る連中」です。彼らの発想は、“イノベーションには必ず買い手が付き、それ自体が需要を創造する”、つまり、「良いモノを作りさえすれば必ず売れる」という、いわば...
政治・時事

菅総理は足し算がわからない。国内総生産が大崩壊して大恐慌へ突入か

2021年1月-3月期の実質GDPはマイナス1.3%で、年率換算するとマイナス5.1%になるそうです。 2020年4月から2021年3月までの期間を前年度と比較した場合、実質GDP成長率はマイナス4.6%、名目GDP成長率はマイナス4.0%でした。
政治・時事

SDGs(持続可能な開発目標)達成のために我が国が果たすべき最重要責務は積極財政への転換

最近、「SDGs(持続可能な開発目標)」という言葉をよく耳にするようになった。これは、地球規模の様々な課題を解決し、人類の持続可能な発展を図ることを目的に国連が定めたものである。子や孫の世代にツケを残さないために今すぐ各国は行動を起こさなければならない。にもかかわらず日本政府はそれに逆行する政策をしており、し...
政治・時事

国債を税金で返すことしかも安定税収消費税で社会保障のベースである自助はただの弱肉強食でしかない。

肝心のことについては実は全然目にも入っていないとすれば、それはまともな仕事につながるかといえば、継続的にやればやるほどに乖離して現実とは無関係なことをやっていることにつながる。本当のことだと思っていることは関係なく、現実に合わないことをやり続けているということにもなりかねないのである。何度でも...